チャンスはいっぱい転がっているのだと思う。

チャンスをものに出来る人と、そうで無い人の違いはただ一点。

自分が思うチャンスを待つ人と、チャンスを掴もうという違い。

まず、チャンスを掴もうとする人と、待つ人ではまず視点が違う。

掴もうとするものは、実現したいと思った瞬間から、その思いの強さから日常的に見ている風景でも変わって見えてくる。

ささいな事でも。

通勤中でも、TV見ていても普通の人なら気にしない事でも、「あっこれ面白い、取り入れられないかな」という発想が浮かんで来る。

そして、知識がある無い別に、調べて直ぐやってみる事、またはすぐ相談してみる事、依頼してみる事。

この直ぐが大切。

まぁ、自分は直ぐの後、壁にブチ当って長くなる事が多いのですが。

失敗も壁も次へのステップ。

まず、挑戦しない事には失敗も無いわけですから。自身のスタートをきること。大昔、営業部の頃「松下幸之助」さんの語録?が入った研修テープを中礼時に10分位かな聞かされていた。

そんなの聞いてる暇があるなら、営業活動したいと思っていたのだが、なぜか印象に残っている言葉があった。

「志をたてるのには、年齢は関係ない」

今までの自分と置き換えると

年齢は関係無いし、今までの経験をぶっ壊して、新しい物に挑戦して行く事も必要なんだなぁって思ってます。

当社が飲食業?の「い」の字無かった数年前の出来事。

休日の日に自宅にいた自分の携帯に電話があった。

社長と一緒にゴルフに行っていた、H山部長からだった。

ゴルフ帰りの車の中からで、「社長がスンドゥブの事業をしたいと言ってるよ」

ズンドコだかスンドバ、スンドゥブだか分からないが、興味を持ってWebで調べてみた。

チゲ鍋の一種みたいで、本当簡単なレシピが書いてあった。分量じゃなくどんな料理で、どんな材料が使っているかその程度のもの。

自分は興味本位で、材料を買い出して作ってみた。

その日の夕食でした。まぁまぁの味でしたが、今思えばハッキリ言ってスンドゥブではありません。

それが初めて「スンドゥブ」って言葉を聞いた日でした。

それから、スンドゥブに興味を持ち半ば趣味で、自宅で作っていました。
告白しますが、アサリはスンドゥブでは定番ですが、東京純豆腐の基本具材にエビと貝柱が未だに入っているのは、
自宅で作っている時に冷蔵庫にあって、入れたら美味しかったっていう名残りです。

このスンドゥブとの出会いは、チャンスを掴むとかそんな次元ではないく、ハッキリ言って「運」です。

それ以外のなんでも無いと思います。

当時から一緒に仕事をしていたH山部長から、そんな電話が無ければ、
社長がそんな事を言わなければ、休日じゃ無ければ、色んな偶然の賜物です。

まぁそこから、また偶然と偶然がかさなり、今の東京純豆腐が出来るわけです。

新しいもの好きで、ハマリ症の性格が良かったのかもしれません。

PC導入、データベースでもWebでもDPTでも、料理でも「興味を持ったら、まず自分でやってみる」それが意外と良かったのだと自身では思ってます。

それも自ら掴んだ運かも知れません。

まず、目の前起こった事に対して、自分なりに考えて考察する。
自分なりに考えて結論を出す。

そして、自ら動くか、相談するか、それが大切だと思う。

まず、動くこと。

やってみる、計画してみること。

それが、大切なんじゃないかと思う。

PS.統括へ
却下予想案件👉昨日話しましたが、デト○○ーのコピーのと企画案、再度FBで送っておきます。皆んながあり得ないと言うのが、ヒットの秘密なんやで!

現在、午前3時45分。

自宅で趣味の仕事をしています。

システム改編やメーカーさんが変わった部分のあるので、レシピ管理のデータベースを1から作り直しています。

本当のストレスがたまる仕事で、ほぼチェーンスモーカー状態。

でも、出来上がった時にまず

自分で「即座に原価シュミレーション出来ます」
ABC分析とも連携出来るね。

まだ、作れてませんが「POSレジ登録が楽に出来るように設計します」

「入力ミス」による計算ミスがほぼ無くなります。容量のグラム数とか間違わなければ皆無です。

前に作った時には、思考錯誤しながら、やはり自宅に持ち帰って2カ月位かかったかなぁ?

もちろん、毎日じゃないけど。(I豆高原の施設は3カ月毎日でしたけど)

今回はその経験が生きてかなりのハイペースで進んでいます。

なんて、自己満足。

基本、俺って作るのが好きなんだろなぁ。
まず、自分が使うのが目的だけど、T波の負担を減らしたいし、商品開発するにおいて原価計算などは電卓はじいて計算するのだけど、それを企画書にしたり、試食会のアンケートなどにも反映させたい。

だって、前記の流れを作業に置き換えると、電卓ではじくもしくはエクセルで原価計算する。
それを本部に説明するためにエクセルなどで企画書を作る。
試食会のアンケートの用紙をつくる。
それだけの工程があるわけです。

それをボタン一つで実現するための一歩です。
まぁ、それだけじゃないけどね。

ドレッシングのレシピを変える予定です。いままでのレシピは凄く凄く大変だったです。
手間「10」かかっている所を、現場は手間「0」を希望してきました。

色々、試したのですが0は、自分的にも「味の有識者」に賛同されませんでした。

そこで、自分は内容的には3割の手間を入れたレシピを作りました。

人それぞれの「手間」のかけ方だと思います。

でも、「手間」のかけ方ってのが大切なんだと思います。

自分の役割は「味を作る」って部分だと思ってます。
同じ意味で「ジャッジ」するってことです。

良くなければ、「こうしたら」と提案もするし試作もする。企画が持ち上がって「どうしょうましょう」と相談されれば、その場で結論がつかなかったとしても、考えるし調べるし。勉強するしね。

人の喜びって、自分が満足する為かもしれないけど、人が満足してくれたり、喜んでくれる。それが原点じゃないかな。

それをイメージして。

DB出来たら、剛もトミーもヨッシーも喜んでくれる、プラス原価と商品の意識をもっと持ってもらえるんっじゃないかな。

あと、T波統括の業務が少しは軽減出来ないかな、とかイメージして真夜中のDB作り。

人って方法はともかくとして、目的や達成感は違うんのかも知れない。

俺はとにかく、「今までに無い味」「今までにない商品」とか調理を中心を模索します。

ただ、データベースの知識もあるんで、その部分を強みとして皆を応援していきます。

休憩終わり。

いまからDB再会。5時には切りのいいところで寝たいです。

東京純豆腐では TSUTAYA様とのコラボ企画として
韓国のスター、ユチョン主演ドラマ「ミス・リプリー」コラボスンドゥブを
全店期間限定で発売させていただきます!
(キャンペーン期間:1/10?1/31)

ミス・リプリーの公式サイト
http://ripley.tv/
今回の限定スンドゥブ 『リプリースンドゥブ』はボリューム満点!!
(内容:黒豚・キムチ・トッポギ・ニラ・しめじ・あさり・エビ・貝柱・油揚げ・豆腐・卵・ねぎ)

1月10日~1月31日の期間限定販売です!

さらに、リプリースンドゥブをご注文いただきましたお客様限定で、ノベルティーグッズ(非売品)を抽選でプレゼントさせていただきます☆

リプリースンドゥブ A5 写真変更

【「ミス・リプリー」ご提供プレゼント】
■「ミス・リプリー」初回生産限定DVDコンプリートBOX 3名
■主演4人のサイン入り海外版ポスター 5名
■ダイジェストDVD 50名
■プレスシート 30名

発表は2月中旬?下旬、商品の発送をもって代えさせていただきます。

人って私生活でも、仕事でも「それではいけない」と思いつつも、点ではなく、線で考えてしまう傾向がある。

本来なら昨日とは違う今日であっても、同じような気持ち、同じような行動をとってしまう。

東京純豆腐でも、開店当時は「お客さんは来てくれるのだろうか?」皆んなそんな気持ちでだったが、ある程度店舗数が増えて、知名度が出て行列が当たり前のお店になって来ると、日にしてもお客様にしても、点では無く線で考えている節があるのでは無いだろうか。

300分の1のお客様。30分の1の一日みたいに。

あるイベントがありブースを出店した。

全くの新しい試み。

周りのお店の売り上げも気になるし、お客様の満足度も気になるところ。
非日常の日でした。

本部スタッフ中心に、一部のバイトのスタッフと。

自分はほとんどイベントを視察していたのですが、途中で洗い場に入ったり、調理の補助する機会があり逆にそれが嬉しかった。

皆んな、非日常にワクワクしながら、行列の出来てるお店があると、声を張り上げて負けじと声を張り上げる。

お客様が、それに影響されぞくぞく来店される。

キッチンは、より美味しく、いち早く提供出来るように頑張る。そして、スタンバイする。

皆んな一丸になって。

日常が一丸になっていないとかではない。

でも、人は刺激がないと、線の話ではないが、そんな一面もある。

非日常の日。

旅行なんてその典型だし、人は思いや気持ちで感じ方が変わる。

非日常の仕事をさせて、点で物事を考えさせる。

イベントだけじゃないよ。日々の仕事の中でも。

そんな必要性を感じた日だった。

身体は冷えたし、洗い物してる時は水しか出ないので、かじかむ位冷たかったけど、ハートが熱かったので全然大丈夫でした。

頭で覚えた事は忘れたりするけど、ハートに刻んだ思いや気持ちは忘れない。

そんな事を大切にする企業体質にしたい。

社長はそのものだしね。

さぁ、明日も頑張るぞ!