自分は開発関係の仕事に携わっているが、現場の意見が最も大切だとも説いてきた。

でも、そこは大切であっても「新しいものを創る」という観点でいうと100%ではないと最近感じている。

現場では効率の良い商品を売りたい。

あまり、手間がかからず、利益をとれる商品。

でも、その枠の中で開発の人間が考えてしまうと、ヒット商品は生まれないと思う。

なので、開発の人間は「こんな商品をお願いしたい」と言われる前に「こんな商品を作っているんだけど」っていうスタンスの方がベターだと最近感じている。

大手ファミレスがどうかわからないが、オペレーションありきのメニュー構成や開発は早いと思う。いや、オペレーションありきが悪いってことじゃなく、十分考慮すべきことだ。

でも、それにとらわれすぎて「新しいものを創造する枠」に制限があるのなら、いっそう捨てたほうがいい。

いや、開発の人間が考えなくても、わが社は優秀なスタッフがそろっているので、そこに対して提言やアイデアを言ってくれるだろう。

だから、安心して創る人は、枠にとらわれず、自己の感性をいかした商品開発に没頭してもよいのではないかと思っている。いや、それがないと駄目だ。

バターやチーズをいれたスンドゥブ。

ここに関しては、古い話なんでやめておこう。

人気の、純健美なんてどうだろう。

すでに導入していたコラーゲントッピングに加えて、ヒアルジュレがひそかなブームという事に着目して広報のF木さんに、提案してみた。彼女はネーミングも構成も考えてくれて大人気メニューになった。

ゴマ坦々なんて、仕込みに手間がかかる。

しかも焦げやすい。でも東京純豆腐でした味わえない。

白コチュジャン。

こんなものは世の中で存在しない。ウチだけのオリジナル。

まぁ、スープに関してもコチュジャンや調味料レベルで考えれば、市販の調味料を使っているのではなく、全てオリジナルで作っているのだから、この世には他に存在しないものなんだけど。

それは、現場の意見を聞くというより、創る思いなんだよね。

それが無いと、はっきり言ってヒットは生まれないしオリジナリティを出せないと思う。

その思いを伝えきれてないと、現場は「なんで?」となるかも知れない。
でも、その発信が大切なんだと思う。
だから、伝えることの必要性を感じる。

自分がその商品に対して、どれだけ思いいれがあるか、そして従来の枠組みから脱却できるか。

それが大切だと思うんだよね。

分かりやすく、商品開発の話をしたけど、事業も組織も同じだと思う。

「作る」のは頭で考えて、人を動かして出来るかもしれない。

でも、「創る」のは容易ではない。

発信、発信、それがないと面白くない。そして人と人との接点。

FLコスト、人事生産率、そんな指標ももちろん大切にしないといけない。

でも、そこが楽しくて飲食業やってないでしょ。

これは表裏一体。大切なんだけど、そこだけじゃなく、人と人との部分で楽しい部分もあるわけで。

飲食業の楽しい部分をもっともっと、クローズUPして自ら発信していこうよ。

ゴルフ帰りのH山部長に、ケチョンケチョンに言われましたが、そんな事思ってます。

H山むかつきますか?
フェイスブックでイイネボタンがあったら、5回は押してます。

でも、H山好きですか?イイネボタンがあったら、10回は押してるでしょう。

H山スケベですか?30回は押しているでしょう。

大切なのは「伝える」力ですね。

みんな、頑張れ。

俺も含めてチャレンジしていこう!

PS,世界で初めて商業的にスンドゥブにバターを入れた男より。

自分は基本、いきつけの美容室があるので、そこで「いつもと同じで」と一言で済む話しなんだけど、以前は色々な理容室や美容室に行った事があった。

その中で一番聞きたくない言葉。

何センチ位切りましょうか?

もう、何度も何度も聞いた言葉。

だって、1cm切るとか2cm切るとか、俺はそんな事わかんないもん。

ちょっと短めでとか、整えるだけでとかそんな感覚では言えるけど、具体的に何センチ切るなんて分かんないし。
料理で言えば、塩加減はどうしましょう?というのはまだ良いけど、何グラム入れます?的なオーバーに言えば聞こえる。

もしかしたら、2cm切ってもらって、良い感じだった、それを覚えて置いて教えてくれって事なんかな。
アホか!

で、なにが言いたいのかというと、サービス業と考えて「何センチ切りますか」ってのは俺的にはNGです。

どんな感じにしますか?

ちょっと短めに、

とか

バッサリ切ってください。

それを自分でイメージする、自身のキャパシティで、お客様が喜んでいただける事を考える。

これって、料理でも必要。

何グラム入れました。レシピ通りです。

マニュアルに通りにしました。

そこは大切なんだけど、そこに自我があるのかってこと。成長があるのかってこと。

サービス業って、どんなにマニュアル化しても、人と人なんだよな。

デートの仕方から、セックスまでのマニュアルってかつてアホみたいな本があったけど、クソの役にも立たないだろう。

人と人は、自身で磨く、そして経験するしかない。

それで分かってくれる人を信頼します。

「何センチ切りますか?」

「1cmでお願いします」

1cm切りました。

そこになんのプロ意識があるんや。もちろんそこの技術はあるだろうが、プロ意識と言う部分では違うと思うな。
なんで、ちっちゃい話から話を広げてしまったが、

言いたい事は

一つ、お客様を見る事
二つ、当然お客様より料理に詳しく、より美味しい状態で提供できる。
三つ、自分のやっている事に自信をもって誇りをを持てる仕事をすること。そして何をすべきかがわかっている事。

はっきりいって、これがあればマニュアルなんていらないかも。

ちょっと言い過ぎたかな。

ただ、サービス業ってそんな繰り返しだと思います。

社内で伝えました、言いました。

それはいいんだけど、お客様に接する時にはやめようぜ。

サービス業のプロとしてね。

何センチ切りましょうから、かなり広げてしまったが、ニュアンスはつかんで欲しい。

プロなんだから。

そして、そこからの成長!それが大切なんだよ。

本日よりサークルKサンクスにて、東京純豆腐監修「チーズカレースンドゥブ」が発売されます。
http://www.circleksunkus.jp/wakuwaku/soup/

昨日より日清食品より東京純豆腐監修「スンドゥブチゲ風うどん」が発売されました。
主にイオン系スーパーマーケットにて販売中です。

http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_4097.html?bl_cd=16

店舗ともどもよろしくお願いいたします。

30店舗。日清食品さんやサークルKサンクスのような大手さんから、スンドゥブが発売。

当初、社長の別宅で一人で、試作していた時にはこんな時に来るとは誰も想像がつきませんでした。

でも、こんな時が来るだろうと念じていたのは確かです。

スンドゥブを国民食にする。

まだ、まだ先は長いですが、念じる(信じる)頑張っていきたいと思います。

先日、アルバイトから社員になったばかりの男性社員と飲む機会があった。

彼は福岡の店舗で仕事をしていたのだが、社員になると同時に青山店に赴任となり、単身東京に乗り込んで来た形だ。

まだ、若い。23歳だっけ?

なんと、父親が自分より若い。ショック!

俺もいつまでも精神年齢は幼いですが、実際の年齢はそんなになったんですね。

今でも若い連中に混じって朝までカラオケしちゃうし、飲んでラーメンを皆で食べた後に、更に飲んで、ラーメンを締めに食べたり。

ヘベレケになって、覚えて無いのにツイッターなんかで、呟いていて「あぁ、一風堂とトンチンをはしごしたんだ」なんて翌日理解する事も、
しばしば。

H山部長も、朝4時の吉野家と、1時の吉野家・大宮店は定番ですし。

取締役は、地元に帰ってから中華丼。

とにかく、20代と比べて体力は落ちてますが、なんとなく精神的にはよく言えば歳をとってない。

悪く言えば成長がない。いつまでもはバカやってる。

あぁ、また話がそれた。

そうそう、福岡からの新人さん。色々と仕事の話しもしました。

時折、メモとったり「いい目」してました。

すぐメモとるあたり、福岡のS水店長と同じだよね。

彼も同じような歳で入社してきて、東京純豆腐オープン前からの付き合いです。

で、何を言いたいのかと言うと、知識や技術は経験の中ではいくらでも成長出来る。

初心のころ思った初々しい気持と、常に挑戦していく気持を今後も忘れないで欲しいと思った。

人は環境や経験を積んでくると、自分の領域を自身で決めてしまって、その領域以外の事には無関心になったり、自分には無理だと勝手に判断してしまうことが往々にしてある。

プラスの成長ではなく、マイナスの成長だ。

そんな中、突き抜けた人がいると、「あの人は特別だとか、自分にはあれがないから」とか、自分で自分に言い聞かせてしまう。

自身の周りで起こっている現象の根幹は全て自身の投影なのである。そこを忘れないで欲しいな。

有名な話だが、サーカスの象の話がある。

サーカスの象は調教するにあたって、生まれたころから足に鎖をつけられて、行動範囲を決められてしまう。

最初のうちは何度も、その鎖の範囲から脱出しようと試みるのだが、何年も何年も経つとそれが無理だと象があきらめてしまう。

つまり、自分の行動範囲はここまでなのだと学習してしまうのだ。

そうすると今度は鎖をはずされて自由になっても、逃げようとしない。象自身が学習によって行動範囲を決めてしまうのだ。

サーカスの調教師にとっては好都合だから、古くからこの方法がつかわれているという。

いつまでも、初心を忘れずに鎖につながれた象にならないよう、気持のこもった仕事を心がけて欲しいと思った。

新人さんに伝えたい言葉かな。

可能性企業!   なんて。

俺ももっともっと頑張らないとなぁ。

こんにちは
期間限定で販売していた「リプリースンドゥブ」が大好評の為、再販売することになりました
期間は2月15日(一部店舗では16日から開始の場合もございます)から3月15日までです

日本版ポスター

そして…前回応募多数でなかなかグッズが当たらなかった方にも、朗報デス!!
今回もまた、ノベルティーグッズを抽選でプレゼント出来ることになりました
販売期間中にリプリースンドゥブを食べていただければプレゼントが当たるチャンスがっっ
※前回のプレゼント内容とは若干異なりますのでご注意ください。詳細は店頭のポスターをご覧ください

サインプリント入りポスター

もう一度、リプリースンドゥブの内容を復習すると…

韓国のスター、ユチョン主演ドラマ「ミス・リプリー」とのコラボスンドゥブ!!
ミス・リプリーの公式サイトは
コチラからどうぞ…☆(PCのHPに飛びます)

コンプリートBOX展開図

リプリースンドゥブのキニナル中身は…
黒豚・キムチ・トッポギ・ニラ・しめじ・あさり・エビ・貝柱・油揚げ・豆腐・卵・ねぎ
と、ボリューム満点

リプリースンドゥブをご注文されたお客様には、ノベルティーグッズを抽選でプレゼント

皆さまのご来店をスタッフ一同、お待ちしております

ダイジェストDVD