飲食に限らず、アイデアや面白い発想は使い道だと思う。

その発想やアイデアが全く全くプラスにならないものなら、アッサリ捨てる事だけど。

ただ、内容は良いが現実で考えれば難しいとか、人が足りないとか、無理だと考えるのは早計だと思う。

そこに導く方法は、色々あるんだから。

おそらく、そんな積み重ねが重なる事によって、大ヒットが生まれるのだと思うなぁ。

ちょっと視点を変えるだけで、見え方が変わってくる。

今日、ダイバーシティのテレビの特集で、つけパスタなるものを初めて知った。

パスタソースをかけずに、つけ麺のようにソースに浸して食べるとの事。
大人気みたいだ。俺的には、通常のメニューがあって、味の変化があったら凄いけどと思ってますが。たべてないので分かりませんが。
でも、つけ麺がはやっている中、なかなか鋭い商品開発だと思う。

パスタと言えば、五右衛門さん。

和風パスタや様々なパスタがあり、イタリア料理であるパスタを箸で喰わせるという斬新さ。

完全に定着してるよね。

最近、スンドゥブ業態も始めたみたいだけど・・・・・。

発想って、こんな事できれば、お客様の心を動かせるんだなぁと考える事です。

このアイデア良いんだけど、ちょっと無理かなぁって頻繁にあるんです。自分はそれを人に話すし、永久保存版のメモに残しておきます。

五右衛門さんの話ですが、どっちが先か分かりませんが、いろいろなジャンル のパスタを商品として。
いわゆるカルボナーラやミートソースだけじゃなく、和風とか作ろうとなって箸で食べれるパスタの業態かもしれません。

まぁ、どっちでもかまいません。
箸で食べさせるパスタ、豊富なパスタです。

自分もかなり利用していました。

東京純豆腐も、ある意味、韓国料理専門店でしか食べる事の出来なかったスンドゥブを少しは気軽に味わってもらえる、そして韓国ではないトッピングやスープ、ちょっとだけスンドゥブの部分では文化をつくりました。

それはなぜか?

入りやすい店舗とか色々ことがあります。
でも、わかりません??

ただ、一つだけ言えることは、韓国料理の1ジャンルである、スンドゥブにピックアップして、磨きをかけたこと。

磨きは、韓国料理の考え方ではありません。

俺や調理長、立ち上げメンバーのアイデアなんです。

アイデアと理念が一番大切なんですl
そして、固定概念にとらわれたり、不可能思考にとらわれる事が1番ダメなんです。

どうしたら出来るか?っていう思考です。

ちょっと無理じゃないかと思ったことでも挑戦してみる事、人に話してみる事、考え続けることで開花することもあるのです。

これは飲食だけの話じゃないです。

思考は現実化する。

好きな言葉です。

そうじゃないと夢がないじゃん。

最近、タイフェスティバルではないのですが、店舗の応援をするために、週に何回かテストキッチンなどで、キッチンコートを着て仕込みをする事があります。

GW前や、タイフェスティバル前は結構手伝ってもらいましたが、最近は一人で仕込む事が多い。

でも、一人でやる事を考えると色々なやり方を考える訳で、それはそれで、効率の良いやり方を考えられるので良いと思ってます。

いつか、役に立つのではと。

そんな時に、誘惑じゃないですが、自分の感覚じゃ絶対あり得ないんですlが、調理工程を少しだけ端折っちゃおうと考えるちゃう事があります。

足も辛いし、時間の短縮化。

特に業者さんとのアポが入ってる時にはね。

でも、手抜きは絶対やりませんけどね。

でも、一人でキッチンで仕込みをしてると

そんな悪魔の囁きが入ってくる事があります。

例えば、完全に沸騰してから入れるものなのに、少しフツフツと沸騰してから入れたい欲望にかられたり。

もうほぼ、沸騰してるから、いれちゃうとか。

恐らく、一人でキッチンに立っていると、自分でさえ思うのでバイトさんはもっと思っているかもなぁ。

そんな時に思うのは、常に。
絶対やらないし、やれません。

大切なのは、

料理という媒体を通じて、お客様が幸せな気分とシーンを味わっていただっけもらえること。その気持ちや美味しいって思いなんだよね、

だから、俺は料理という部分では、それが実際の店舗で、喜ばれて………なんて、おもってるよ

同時に、お客様に満足していただける事。

そこだけ。自分は料理という媒体を通じて、
幸せな時間や空間を作るのが仕事。

そんな気持ちは永遠と変わらないだろう。

自分がそんな感情をもったキッカケがあります。

ミールからシーンへ。

最後に何年も前にブログでも書きましたが、リンクしておきます。

http://blog.livedoor.jp/sundub/archives/51197311.html

ちょっとこの言葉が社会的に独り歩きして、本来の意味とは違った意味で伝えられているのではないだろうかと、最近感じる。

以下、はてなキーワード から
英語としての「creative」(形容詞)には「創造的/独創的である、才能がある」というような意味があり、その名詞形は「creativeness」「creativity」であるだろうだ。

なんか、自分の感覚も含めて、頭脳労働というか、もっと極端に言ったら、PCの前でWEBを作ってたり、DBを弄ってたり、分析をしてたり。

本来の意味である作るとか想像するって部分もあるけど、なんかそんだけじゃない、泥臭い部分もあるんじゃないかなぁと人気ブログ「鉄板少年」を読んで感じる日々を送っている「ココナッツミルクとカレーと私」です。

もちろん、事業としてシステムや仕組みを作ったり、頭で試行錯誤したり必要だけど、根幹である調理やサービスで大粒の汗を流すことって、それと同じくらい必要だと思っています。

クリエイティブの本来の意味からしてみれば、作るとか創造するってことだとしたら、そこだけで終われない。

現に、自分もマニュアルを作ったり、WEBを作ったり、DBいじったり、企画書作ったり。

そんな時にはクリエイティブな仕事をしているみたいな事を言われた。

そんなホワイトカラー的な仕事も必要なんだよね。

でも、創造する、作るっていう部分から言えば、それだけじゃすまないのよ。たとえ、創造したとしてもそれを実態のあるものにしても、そこからの問題に表だって、立ち向かわなきゃいけないんだよね。

クリエイティブって、最初の立ち上げだけじゃなく、事業の立ち上げ時の気持ちを、そしてそれを作り上げることが必要なんじゃかなぁと思っています。
そして、現場の汗や現場の苦労を感じないといけないと思ってます。

はっきりいってど素人が立ち上げた、事業であっても、事業が成長するために、出来る事をしたい。

そして、事業を成長させる。

それこそ、クリエイティブなんじゃなかと思います。

大汗かいて、クリエイティブってのもいいんじゃないかと思います。

でも、そこで感じる部分や、考える部分もある。

現場と同じ意識というか、飲食業の根幹である調理するっていう部分で、自分は汗を流したい。

それだけじゃ、いけないことは分かっているが、そんな事も必要なんだじゃないかと思います。

ジャンプする前にしゃがむ。

何十年か前に社長から聞いた言葉。

大きくジャンプしたいと思えば、一旦しゃがんで力を溜めるだろ!

凄く響いた言葉です。

自分は勝手に、ちょっと落ち込んだ時にこの言葉に頼ります。

俺らは機械じゃないから、心があって、自分の弱さを感じて、この場面から逃げ出したいなんて思う機会は数えきれないほどある。
そんな時に、今はしゃがんでる、でも大きくジャンプする過程だと、自身が成長する過程だと、自身で言い聞かせた。

マイナスがあって、プラスがある。

人生どん底の時もあるし、幸せの絶頂もある。

俺も正直、うちの会社に入ってからでも、色々あったよ。

でも、捉え方だと思うよ!

そこが大切だと思う。

心が折れる、俺、折れまくってるし。
折れても折れても、立ち上げる為にどうしたらいいか、あしたのジョーではないがボロボロになっても立ち上がる。
そして動く。

だから、マイナスをプラスに変える。

でも、精神的にどん底を経験した人は、そうでない人と比べて、物の見方がかわるしね。

俺は数々の失敗や、挫折感、やらかしたー的があるけど、この会社と仲間が好きでした。

だから、いまいます。

失敗をバネにする、そんな事も必要だぜ。

実はマイナスな要因が、自身を成長させてるんです。

あと、仲間なんです。

この仲間と一緒に仕事をしたいんです。
一緒に悩みたいんです。

だから、今はしゃがんでる、かもしれないけどがんばろうよ。

どんなに時代が変わっても、業種が変わっても、部下から見た上の条件は、仕事が出来る、人一倍働く、判断する、新しいものを生む。

これが基本なんじゃないかな。

そして、バイトから見たら、仕事のできる人、仕事をする人がバイトに慕われるんじゃ無いのかな。

ここは敵わないやと部下に思わせる仕事ぶりが必要だと思います。

この人には敵わないや、この人の仕事ぶりや考えに感銘を受ける、自分もそうなりたいと言う存在が理想。

運営がしっかりしている店舗は、全てでは無いにしろ、そんなバイトリーダーがいたりNO2がいるもんだ。

あの人のあの部分はクエッションだけど、あそこは凄いと思わせる仕事。

そんなのも必要だと。

マネジメント?

そんなんじゃないです。そんなんは二の次。

人を生かす事は必要。
使う事も必要。

でも、生かす、使うと言う意味は

己がどうであるかってこと。

まずは、仕事のやり方を見せる事です。

それが無くて、人を使うなんて発想は俺的にはナンセンス。

簡単な事です。

直接的要因において、仕事ができる人、人一倍する人が上司なんです。

キッチンなら、良い料理が作れたり、仕込みが早かったり、指示が的確であったり。
ホールであれば、サービスがすぐれていたり。一目おかれる位仕事の能力がある人が上司なんです。

そこが無くて、いきなりマネジメントとか、指導とか教育って言ったって、ついて来ないよね。

仕事を認めていない上の指示は、響かないじゃん。
できる人が上司なんです。

自分は営業マン出身なんで余計に、売れない営業マンの意見は排除したし、幸いそんな人が上に立つことは無かったけど。
間違い無く、同じ条件でも売れない上司がいたら文句言うだろうな。

だから、まず実務でバイトや部下をヒレ伏せる位の仕事を見せる事。
それから、マネジメントとか余計な事を考えたければ考えれば良い。

会話の中、簡易的に「人を使う」とか言うが、感情のある大人を動かすって大変だし、若いバイトでも同じこと。

いわゆる、背中を見せるじゃないですが、指導するまえに自ら見せる事です。

ただ、気負っちゃって、マネジメントしようとか、色々企画を考えたり、そんな人を何人も見て来ました。

一番のマネジメントは、方法じゃなく、自分の実務、仕事に対する思いを肌感覚で伝える事です。

言葉も大切ですが、行動です。

だって、今の統括だってバイスだって、現場の仕事が出来るから今の立場があるわけだしね。

みるべき部分を変えてみようよ。

レッツ・リセット!