いざ決戦!

本日10時から代々木公園にて、タイフェスティバルに東京純豆腐の姉妹店、Thai’s(タイズ)が出店いたします。

以前ブログでも書きましたが、東京純豆腐同樣、業態立ち上げから味の部分のプロデュースをしています。
タイフェス準備とGWの準備中は、自称「必殺仕込み人」です。

チャララーという音楽をバックに包丁とフライパンを手に、キッチンに登場します。冗談はさておき…。

初のタイフェス出店。ダイバーシティ店のロケットスタートとタイフェスの準備が重なり、ちょっとハードでしたがなんとかこぎつけました。

商品はガパオトマトサンドとガイトードです。

ガパオとトマトって以外と会うんです~。

そしてサンドやバーガーにも相性抜群です。

そして、シャキシャキなレタスとパプリカの食感。
バジルの香りとピリッとした辛味と、特製ソースの甘みが絡みあって美味しく無いはずはありません。

サンドにした場合、トマトがパン生地とガパオをうまく融合してくれます。

これにチーズをいれても美味しいんです。

オペレーションのシュミレーションをしていた時に、皆んな美味い美味いの連呼でした。山さんなんてモット練習しましょうとか、けしかけて3つか4つ位食べてたよなぁ。

オペレーションも良いものが出来ました。

自信作です。

他の店舗の商品と一緒に食べれるように、パンはサクッと軽いピタパンを使ってます。

ウチも自慢のカレーで勝負しようと考えていましたが、混雑する事を考えると歩きながらでも食べれる商品が良いんじゃないか、それとカレーやパッタイなど数十店舗が出してるメニューより、他店舗には無い商品の方が目を引くのではないかと作戦を考えました。

吉と出るか凶と出るか?

そんな時に飛び込んできた他店のタイ人スタッフの声。
看板の写真をみて、ガパオにトマトとレタスいれただけじゃん。

ある意味注目されてるよね。見にくるんだから。

トマトとレタスをいれただけじゃ無く、辛味や香辛料など味でも変化はつけてるし。

まぁ、そんな事じゃなく、美味しさはもちろんだが、「入れただけじゃん」だとしてもガパオにトマトとレタスをいれてサンドにするという新たな発想の方が、そんな見方をする飲食業関係者の100倍可能性を秘めていると自分は思っている。

東京純豆腐が、そして国内でこれだけのスンドゥブ需要を見出したのは、俺がスンドゥブにチーズやバターをいれたからだ!

なんて……言い過ぎました。

サンシャイン店でヒットした、グレープフルーツガパオやフルーツカレーもそうです。

いれただけです。

ただ、その新たな発想と美味しさが大切なんだと思う。

世の中に無い商品を生み出すって事は、そんな事なんだと思ってます。

タイフェスの様なコアなお客様が集まる場所で、受け入れられるかな。

自分への試金石です。

皆でやりろうぜ!

皆様のご来場、ご来店を心からお待ちしております。

Thai’s(タイズ)は
Rー67(ブース番号)に出店してます。