タイフェスティバル

初めてのタイフェス出店でしたが大成功でした。

今回仕込みから仕入れ、販売計画まで中心でやり、少々へとへと気味で挑んだタイフェスでしたが、あれよあれよと商品が売れまくり、疲れを忘れて、当日はテンションアゲアゲで飯も食わず、トイレにもいかず作り、そして売りまくりました。

販売計画のほぼ2倍。

535080_309521482457275_100001982772729_695637_1506311407_n

あれよあれよと食材が無くなり、このままじゃ明日の営業ができないという事になり、ブースで販売する組と明日の食材を調達する組にチームを分けて、食材調達組は150kgの鶏肉を夕方に調達してキッチンで仕込み、ブース組も材料のある商品を売り続け1200食という離れ業をやってのけました。

なんせ、I津係長には肉問屋に自家用車乗り付け100kgの鶏肉を積んでもらいましたから。
こんな経験したくないかもしれないけど、経験できねぇぜぇ。ワイルドすぎるぜぇ。

そんなこんなで2日目を無事迎えることが出来、朝から飛ぶように商品が売れていきます。
なんせ、ガイトードなどはフライヤーで揚げ上がってから5分も立たずに売り切れ状態です。
ひたすら揚げ続けてもまたすぐ入りきれる。

そんなこんなでガイトードとガパオトマトサンド合わせて3500~4000食売れました。

150kg追加で仕込んだ鶏肉も多すぎたかなぁと心配になりましたが、後半追い上げてすべて無くなりました。

チームで皆の力が合わさって達成できました。

みんな足腰フラフラ

腕が上がらなくなる人、指がつる人、声がガラガラの人、頭がグニャグニャなる人、腰が痛くなる人。

もう、みんな疲労困憊状態。

でも、みんないい顔をしてました。

やりきった感と達成感がその顔を作ってくれました。

なにはともあれ一番大切なのは達成感だと感じます。

1日目でほぼ2日分の販売目標を達成していましたので、この場合の達成感とは売り切ることです。

いくら売り上げが良くても、食材を残したくありませんでした。

残り時間を考慮して、から揚げオンリーでは揚げる時間を考えると間に合わない。

そこで、急きょ鉄板をつかってガパオ風焼き鳥なるものを即興で作った。

これが功を奏して、から揚げと焼き鳥でなんとか食材を余らせずに済みました。

少しでも鶏肉があまっていたら、この達成感はなかったと思います。

97%や99%じゃダメなんだ。

100%やりきること。

やってやってやってやり切ること。

あきらめかけても行動することで事態は好転することもある。

そんなことも教えてくれたタイフェスでした。

事業にも同じことが言えると思います。

疲れたけど本当に楽しかったです。

次回もやるぞ~~~!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す