必殺仕込人の本音

よく痩せたとか、やつれた?とか言われます。

タイフェスですか?と言われますが半分あってますがね。

ダイバーシティの仕込みかなぁ。

今日はたまたまですが、全く人がいなかったので一人で仕込みました。
1日かかりです。
作るだけなら、それほどでは無いのですが、パッキングが工程的に時間がかかります。
嫌になるほどです。

でも、それってうれしい限りなんですがねぇ。350人前です。

決して面倒とか思ってないし、もちろん今後のことを考えて話を進めている過程で、永遠に続くことでは無いですが、今はと思っています。

だって、俺が作った業態。Thais!

今は東京純豆腐みたいにスタッフもそろっていない。

誰がサポートできるんだよ。

タイ料理を作れる経験は、Thaisの料理と言うと現場スタッフ以外に、自分しかいないのが現状です。

それが問題でもあるわけですが。

もちろん、その辺はクリアしていくつもりではありますが、今って部分です。

問題があるとしても、やっていかなければいけません。

だから、それを解消する部分で話を進めてはいますが、少しの間、自分が中心になってダイバーをフォローしなければと思ってます。

自分にとって東京純豆腐と同様、Thaisは生んだ息子のようです。

だから、家に帰れなくて徹夜で仕込みをしてるとか、そんな事を聞くと心が痛むと同時に、なるたけスタッフに負担をかけることなくフォローしたくなるのは、自身の中では普通の感覚です。

事業として成り立たせるためにはもう1ステップが必要だし、本来あるべき姿ではないですが、東京純豆腐だって自分や調理長が中野CKでスープから調味料からすべて仕込んでいた時期があったからこそ、今があるんですから。

そんなこんな、課題山積みですが、ブラスアンドカンパニーの社名のように、兄弟のように、家族のようにフォローできるところはしていきたいし、逆にフォローされることもあると思う。

だから、永遠とやってることじゃないので、「部長が仕込みしてるのはおかしいとか」言わないで欲しい。

・・・・ってか、言われてないけど。自分で感じてます。
H山取締役には確実に言われてますけど。

分かってるって!

ビジネスライクに考えないといけない部分もあるけど、もう少しだけね。

並行しながらちゃんとシステムづくりやりますんで。

今日のすぎちゃんはワイルドじゃないぜぇ~

おしまい

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す