飲食店の役割

最近、タイフェスティバルではないのですが、店舗の応援をするために、週に何回かテストキッチンなどで、キッチンコートを着て仕込みをする事があります。

GW前や、タイフェスティバル前は結構手伝ってもらいましたが、最近は一人で仕込む事が多い。

でも、一人でやる事を考えると色々なやり方を考える訳で、それはそれで、効率の良いやり方を考えられるので良いと思ってます。

いつか、役に立つのではと。

そんな時に、誘惑じゃないですが、自分の感覚じゃ絶対あり得ないんですlが、調理工程を少しだけ端折っちゃおうと考えるちゃう事があります。

足も辛いし、時間の短縮化。

特に業者さんとのアポが入ってる時にはね。

でも、手抜きは絶対やりませんけどね。

でも、一人でキッチンで仕込みをしてると

そんな悪魔の囁きが入ってくる事があります。

例えば、完全に沸騰してから入れるものなのに、少しフツフツと沸騰してから入れたい欲望にかられたり。

もうほぼ、沸騰してるから、いれちゃうとか。

恐らく、一人でキッチンに立っていると、自分でさえ思うのでバイトさんはもっと思っているかもなぁ。

そんな時に思うのは、常に。
絶対やらないし、やれません。

大切なのは、

料理という媒体を通じて、お客様が幸せな気分とシーンを味わっていただっけもらえること。その気持ちや美味しいって思いなんだよね、

だから、俺は料理という部分では、それが実際の店舗で、喜ばれて………なんて、おもってるよ

同時に、お客様に満足していただける事。

そこだけ。自分は料理という媒体を通じて、
幸せな時間や空間を作るのが仕事。

そんな気持ちは永遠と変わらないだろう。

自分がそんな感情をもったキッカケがあります。

ミールからシーンへ。

最後に何年も前にブログでも書きましたが、リンクしておきます。

http://blog.livedoor.jp/sundub/archives/51197311.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す