思い出す

最近、新しい業態の立ち上げや、それに付随する事で東京純豆腐を立ち上げた時の業者さんと接する機会が多い。

本当に久々だ。

まずは、調理長のお友達で東京純豆腐のロゴを作ってくれたNさん。

実はタイズのロゴもNさんに作っていただきました。

当時を思い出します。

基本、仕事が終わると散財して後輩を連れ出しておごったりして、I取締役とH山取締役。

そして俺が中心になって立ち上げた業態。

でも、仕事ではセコイ部分もあります。

いや、俺的にはいい部分だと思ってますが。

海のものとも山のものとも分からない飲食事業に挑む時に、店舗設計は無理だけどロゴは作れるんじゃねーの的に、I取締役、そして関係者と自分などで作りました。

自分たちで出来る部分はやろうって部分です。

そして、最終的に自分が作ったロゴで決定したのですが、自分でも「イマイチ感」は拭えません。
そこで、Nさんと友達の調理長が登場です。

Nさんからもらったロゴ案を見せてもらいました。

「ハッ」

「ググッ~」

これなんだよなと、満場一致でこのロゴで行こうよって感じになりました。

ロゴを採用されてた自分でさえ、これだよと思いました。

それこそ「ハッとして!Good」という田原俊彦の歌を思い出しました。

そんな感じでロゴも決まってメニューも作っていただきました。

そして、先日、東京純豆腐のホームページの基盤を作っていただいた業者の方とお会いしました。

当時は4店舗位だったと思います。

実は、初期の東京純豆腐のHPは自分が作ったんです。つたないものでしたが、トップページにFlash入れて。

そこから、店舗数も増えて業者さんに依頼しようという事になり今のお付き合いが始まりました。
その業者さんも

そして、先日お会いしました。

IT業界と飲食業界は良くも悪くも入れ替わりが激しいし、担当も良く変わるんだけど。

久々にあって、懐かしいでした。

そう考えると、業者さんなんて言い方は失礼ですが、担当者がその会社の印象とかすべていなっているんじゃないのかなぁ・・・と感じる。

だって、もちろん取引の上で色々な付き合いもあるし、企業間の融通もあるけど。

営業だったり担当がすべての企業の顔をになっているんだなぁ。

だって、いまはいませんが、ホシザキといったら森だし。

今は違うけどね、辞めたし。まぁ今でも付き合いがあるからよし。

DTNといったら、U田さん。

メニューデザインならK田さん。

なんて、ある部分では企業力でもあるけど、人って感情があるから

なんか、お願いしたいときは、親身になって考えてくれる人を優先する。

これをかみ砕いて言うと、お互いに成長していける関係にいましょうとなる。

これって、現場にもつながることなんじゃないかな?

今ある自分じゃない。5年後の自分を考えようじゃないか

幸せの伝染

よく磁力の法則とか鏡の法則とか、言われている自己啓発系の法則があるが、明るい人には明るい人が集まって来るし、明るい人は周りも明るくしたすると行った意味。

これは組織でもサービス業でも同じ事がいえる。

組織であれば、長のキャラクターで決まるし、サービス業であれば、そこの従業員の考え方や行動で、お客様への幸福感が変わってくると思います。

従業員が楽しそうに生き生きと仕事をしていれば、それはお客様にも伝わるもんだ。

実際に自分もお店側の人間ではなく、お客として様々な飲食店など利用するが、感じる部分だ。

ここが実は最も重要で肝だとお客の立場だと思うところ。

特別なサービスがなくても、明るい笑顔でマニュアルチックでない自然体のサービス、そして気にかけてくれる感。

そこが重要なんじゃないかなと思う。

そしてそこは長に依存する部分でもある。

でも、実際に店舗運営して行く上では、様々な問題も発生するし、ついついしかめっ面してしまう事がある。

スタッフに厳しい対応しなければいけない時もある。

でも、長は常に生き生きとした仕事を見せて行かなければいけない。

影で泣いてたって、トイレにいってドアを殴ったり(営業の時の同期にいたな)、それが長としての務め。

プラスもマイナスも伝染するんです。

東京純豆腐には1日に、何万人ものお客様がご来店されます。

一人でも多くのお客様に幸福感が伝染するよう、頑張っていこう。

そこはスタッフ、そして各店舗の長からの発信だ。

しいては、自分も含めた本部スタッフも同じだと思っている。

実は先日も、このブログの購読者の社員の入社があった。

H部統括から、2人のバイスマネージャーを始め、かなりの人がこのブログがきっかけになったという社員入社がいる。

人によって影響度は違うけど、10名は超えただろうと思う。

縁を作れたのは、嬉しい限りだし、だから縁があって同じ釜の飯を食う仲になったのだから幸福になって欲しい。

真に思う。

伝えるのは会社の仕組みではないし、機構でもなく個々も思考と心だ。

頑張ろう、我をはろう、主張しよう、そして幸せの伝染をしていこう!

自分で発信、自分で言って来たことでもあるが部下に言われて再認識することもある。

東京純豆腐の屋号。

スンドゥブを題材にやってるが、韓国のスンドゥブのコピーではなく東京発信のスンドゥブ。

たとえば、チーズスンドゥブや味噌バターなんてのは、韓国のスンドゥブにはなかったし、NYでもない。

ゴマ坦々なんてものもないし。

それが、韓国色の多い新大久保のお店でもチーズスンドゥブが売りになったり、スンドゥブ専門店でバターがトッピングで当たり前になったり。

ようは、当たり前の組み合わせじゃなく、根本的に「東京純豆腐」らしさを追求せいよと部下に要望を超えて、要求されました。

つまり、いま直面しているタイ料理の業態や新たな業態以前に、もう一つ東京純豆腐に力を入れーよってこと。

うん、やるよ!

それだけ!

あんまり書くとくどくなるので、やめときます。

東京発のスンドゥブ!の再構築。

新業態、タイ料理全部まとめてかかってこいや!って感じで頑張っていこうと思います。[

あっ、ブログも後輩に心配されてなんか計画されてるみたいですが、俺は俺で書き続けますよ。

うん、なにはともあれ、頑張りますぜ!

相対的に見る事

この話は創業期の青山店に入ったスタッフは知っていると思うが、ピーク時は、スンドゥブの基本具材を入れるスタッフ、スンドゥブを作るスタッフがいて、ご飯はホールの人が盛るというオペレーション。

自分もキッチンに入っていたが、それでも80名位のお客様がランチに来ると、チョットテンパりました。

いまでは、スンドゥブを作るスタッフが、スンドゥブを完結して、ライスも全て盛ります。
ランチ120名であっても。

今では当たり前で、スンドゥブを作る人の最低限のスキル。

青山開店の時のキッチンオペレーションを知らないスタッフは、一人でこなすのは最低限と思っているはずだ。
つまり当たり前のオペレーション。

現在のオペレーションに変わる過程では、調理工程の工夫やスタッフのスキルアップが必要だった。

そうなんだ。

オペレーションにしても現在の個々の力を前提に、物事を組み立てては企業的な成長がないと思うんだよね。

人を成長させるということ。

よく例え話で営業の時に使ったが、腕立て伏せ10回しか出来ない人が努力して11回普通に出来るようになる。

そうなると自分の限界は11回なのだ。

その人が12回、13回とそれが普通になってくる。

それが成長というもの。

だから、今の布陣、オペレーションではこれ以上は無理なんです、なんて考え方って相対的にみればナンセンスだと思う。

いや、言い換えます。

人的な明らかな不足、過剰なお客様のご来店。

嬉しいことではありますが、スタッフは大変です。

でも、それって自身の成長のチャンスなんです。

10回しか出来ない自身の力を、外部の力で11回、12回に引き上げてもらうチャンスなんです。

チョット視点が違う観点からが混在してしまったが、自分が感じていることは1+1=2

が、数ヶ月も続いている、そこの数字しか考えてはいけないし。

部下は「駒」として考えず「軸」として考えて、会社に入って、たとえバイトであっても、その人に営業して、その人の力を引き出してあげることが大切だと思う。

パソコンだって、使う人によっては生産性はだいぶ違う。

これは誰しもがわかること。

入力もままならない人から、様々なソフトを使いこなす人まで。

それと同じ考え方も出来るし、もっと違った見方をすれば人は、PCは限界がある能力だが、人には限界が無いのだ。

まぁ、それでも人手不足の店舗があるのが現実だ。

そこは充分分かってます。

でも、企業として一人一人のレベルをあげて行くのは必須です。

その意識を持たないと、いつまでも一人は一人という考え方しか出来ない。

飲食店のオペレーションでも、その他の仕事でも適度なプレッシャーを常に感じて、問題意識を持っている方が良い。

なんか、訳わからん流れの文章になったが、人の能力を測って計算するのは簡単だけど、個々の能力をもっと伸ばそうよってこと。
それは営業時代に学んだこと。

その為には「駒」なんて考えないこと。

その人の可能性を、引き出してあげること。

なんてこのエントリーを2、3日前に下書きしてましたが、昨日の横浜会で、同じような事をリアルにほざいてました。

変化すること、変わることに、変えることに臆病になるな。

人でも企業でも、変化を感じられなければ成長は無いのだから。

先日エントリーした、

この記事

ようはお世話になった上司が栄転になる。
その時に部下は万年筆を送ろうと考え、ショップに行く。

ショップでは安い万年筆と高価な万年筆がある。

ショップのスタッフは高い万年筆を売りたい。

その時にショップスタッフの営業戦略の話しだ。

答えは

機能を売るか

利益を売るか

良く営業マンが陥りやすい間違い。

商品説明、つまり機能の説明。
システムがどうだとか。

万年筆で言えば、書き味がいいとか、長持ちするとか。

この場合そうじゃない。

自分が使うんじゃなく、贈るということ。
そこにダイレクトに切り込んで行く事が必要。

そこで利益の話に。

お世話になったっという純粋な気持ちがあったとしても、贈り物を贈ると言う位だから、その上司とは関係を持っていたい。

そこで、営業マン(スタッフ)はそこに着目するべき。

機能の説明ではなく、そこにもたらす自分への利益、そして上司への思いだ。

高価な商品が良いって訳じゃないけど、贈られた人が大切に

そしてずっと使い続けたいもの。

例えば5000円位の万年筆と、5万円の万年筆ならどっちが大切にするか。

その万年筆を使うたびに、思い出してくれますよ!

簡単に書いたけど、そこがポイント。

その商品を買う事によって、どれだけ自身の利益につながるかって事。

人は生活を良くしたいとか、改善したいから物をかう。

だから、機能の説明も必要だが、それが購入した人にどんな利益があるか、具体的に感情的に訴えることが必要なのだと。

この視点は必要だと思う。

ジャパネットタカタの社長は、その辺がうまいと思う。

機能の説明の後に、必ず生活の場面のあるシーンを語りながら、だから良いんですよと。

それも分かりやすい言葉で。言葉の抑揚やメリハリをつけて。

かなり、はしょりましたがそんな事です。

人は利益を得る為の機能を求めている。

ただ、利益といっても値引きとか、そんなもんな物じゃないことだ。

ここで言う利益は、プラスになる部分の話し、つまり価値感をあげること。

凄く変わった言い方で言えば、左脳的な部分ではなく、個人の購買決断は100%感情に左右される。

つまり右脳に訴えることだ。

この視点は飲食の現場でも、コピーなどを作る上でも大切だと思っています。

飲食でもコスパを重要視されるが、この対価を払った以上の幸福感が得られれば、商品の値段ではない。

それが利益を売るということ。

特に飲食は係数管理も必要だが、目に見えないお客様への利益という視点も大切にしていきたい。

これは商品だけでなく、サービスに関しても言えることだと思う。