戦略・戦術理論

心構えが変われば、態度が変わる 態度が変われば、行動が変わる 行動が変われば、習慣が変わる 習慣が変われば、人格が変わる 人格が変われば、運命が変わる 運命が変われば、人生が変わる。

そんな、ありがたい言葉がある。

確かにその通りにすれば、小さな積み重ねで人生そのものが変わっていくことだろう。

そして、素晴らしい言葉である。

ただ、なかなか実践が出来ない人が多いのではないだろうか?

「生まれ変わる」「新しい気持ちで」「進化する」「創造する」素晴らしい思いだし、素晴しい言葉だ。

でも、なかなか、そうなれない人が多い。

なぜだろうか?

自分なりの経験を踏まえた考えであるが、では心構えを変えるためにどうする?生まれ変わるためにどうする?

それが、ないとなかなか人って意識を変えることが出来ない。

つまり、心構えを変えるために具体的にどう行動をするか?

生まれ変わる為に具体的にどう行動するか?

ここが必要なのだと思う。

これって、戦略と戦術の話と似ている部分があって、戦略は目標を達成するための柱であったり、指針。

戦術とはその戦略を成功させるための、具体的な方法や行動の事。

そして、戦術とは今ある資産を生かして、必ず出来る方法。

つまり、必ず出来る方法まで落とし込まなければ、いけない。

戦術の下に戦術があってもいいし、必ず出来る内容まで具体化しなければ意味がない。

誰しもが成し得ない事を、誰しも考えもしない事を、誰しもが出来る方法に具現化して、それが集結した時に誰しもが成し得ない結果になる。

自分はそう思っています。

話を戻します。

じゃ、「生まれ変わる」ためにはどうしたらいいのだろう。

あなたなら「生まれ変わる」為に明日からどうしますか?って聞かれた時にどうするだろうか?

強く思い込みますとか気持ちを入れ替えて心機一転とかそんな言葉を言う人がいっぱいいるんだけど、元々「生まれ変わりたい」と思う時点で、強く思い込めなかったり、気持ちを入れ替える事が出来ないから、「生まれ変わりたい」と思ったんじゃないの?なんて、思ってしまいます。

具体的に、周りからみても直ぐにわかって、直ぐに実践できる方法を実践する。

例えば、髪の毛を坊主にするとか服装をイメチェンするとか。

そんなくだらないことであっても良い。

どのように生まれ変わりたいかイメージして、そこに少しでも前進できる具体的な行動をとるってことだと思う。

企業戦略本を1週間で読破するとか、毎日1時間早く起きるとか、やろうと思えば絶対に出来ることを積み重ねることによって、事を成し遂げることができるのだと思う。

そうしてるうちに、自分はこれをしているんだからという意識が、意地であったり自信に変わってくる。

それが、潜在意識にすり込まれて意識が変わったり、考え方が変わったりするわけだ。

だから、なになにを思いましょうとか、強く意識しましょうではなく、そうするために具体的になにをするかってことを示すことが重要なのだと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す