仕事の種類や内容にもよるが、企画とか開発とか作っていくものは、基本方程式に当てはめて、いわゆる「真面目」に考えすぎるとあまり面白いものが出来ないと自分は思っています。

なんか面白そうだな、楽しそうだなっていう感覚って、右脳で感じるもの。

だから企画や開発する側の人も、左脳ばかりの理屈で考えていては、人をその企画で引きつけることは難しい。

まぁ、損保のお得プランとか左脳で考えて自分に利益がある内容だと判断してその企画に参加するみたいなものもあるでしょう。

だとしても昔アフラックがアヒルをつかった面白ろいCMをやっていたが、真面目な損保のイメージをもっと親しみやすいイメージを与えるという部分もあっただろうが、あの遊び心というか、自分は共感を持てた。


フードプロデューサーSのブログ

ソフトバンクのCMは携帯会社のCMの中で、一番の好感度と認知度があるだろう。

犬のお父さん。

黒人のお兄さん。

一部某掲示板などでは、韓国の犬と黒人は○○だから、孫さんの陰謀だとかいらぬ憶測を書いている人がいるが、一般的にはCM好感度NO1を獲得して人の心をつかんでいる。

ドコモは自分的にはソフバンの白戸家を真似たのかどうかはわからないが、家族の登場人物をつくってCMをしているが、2番煎じとかそーゆー意味ではなく、楽しくない。

要は突き抜け感がないのだ。

面白さを狙っているのか、ほのぼの感を狙っているのか、お得感をねらっているのか、あまり自分的には印象に残らない。

フードプロデューサーSのブログ

アフラックやソフトバンクのCMクリエーターや企画に携わった人たちの秘話的なものがあれば、ぜひ聞いてみたい。

ちょっと話がそれましたが、企画って狙いによって違うとは思うけど、企画している人がワクワクしたり成功をイメージ出来ないと成功しないと思うんです。

ワクワクやイメージって右脳が感じるんです。

だから、何時間も会議室にこもって議論するようなものではなく、条件だけつけて普段の生活から考えていると「フッ」と出て来るものなんだと思う。

これは営業部とセールスマーケティング部の自分の経験からも言えることです。

そして最初からこじんまりしたものではなく、突き抜け感がある「本当に出来るの?」みたいなものを考えることが必要なのだと思います。

自分は商品開発をする時に、自分以外の人は絶対に考えないだろうなみたいな、視点から入ることが多いです。

時には馬鹿になり、遊び心をもたないと楽しく仕事が出来ないし、柔軟な発想が出てこない。

これはすべてのビジネスにおいて必要な事だと思います。

Ps.また飲食店ブログとは思えない内容書いてしまったしょぼん

ブログのサブタイトルにもあるように、自分は飲食業はド素人だったのです。

ド素人という意味は、7年前に飲食業に関わるまで、飲食業の経験はゼロです。

バイトすら経験はありませんでした。

最初は飲食のイロハでもある、経費分析すらわからない。

FLってなんなの?ってレベルでした。

QSCってなに?SQLならわかるけど・・・・・・。

なんせ、自分は今の会社では他事業部の営業部門にいたので、営業や多少のITもかじっていたので、そこは分かるんだけど飲食業という部分に携わったのは40歳過ぎて、ド素人状態。

ただ、幸い飲食業という仕事は未経験だったが食べたり、飲んだり飲食業は人一倍「お客」として利用していた。

ラーメンから始まり、銀座の高級イタリアン、高級割烹などある時期は見境なく、飲み食いだけで月に40万近く使っていた時期もあった。

それだけ飲食が好きだったってこと。

今となっては財産だしそして、馴染みになったお店ではレシピや作り方を少し教えてもらって、自宅で休日などに作っていたから、飲食業経験ゼロとは言っても、料理はそれなりに知識があった。

フードプロデューサーSのブログ

増して飲食にたずさわるようになってからは、好きもこうじて勉強や研究もしてきました。

今では、ド素人なんて言うと部下に怒られるけど、自分はいつまでも素人思考でいたいと思ってます。

だって、変にプロ思考になってしまってプロ目線だけにとらわれてしまうと、「お客様目線」の開発ができなくなってしまうから。

飲食業ってあくまで、お客様が主役であって料理人やホールお店が主役じゃないんだからね。

それに変に「この料理はこうするみたいな」固定概念が出来てしまうと、その方新しい斬新な発想が出てこなくなってしまうって事も料理の世界では結構聞きます。

もし、自分が韓国料理のプロだったら、スンドゥブにチーズやバター、明太子なんて入れるはずなかっただろうし、そうなると今の東京純豆腐もなかったんじゃないかと思いを通りこして、確信してます。

専門的になって、一極集中しすぎる事も必要だけど、一歩みを引いて見ることも必要だし、そしてお客様を経験する事も飲食業のとっては必要なんじゃないかなと思います。

飲食にたずさわる方は、技術や知識を身につけることも必要だけど、お客様に多くなる機会を設けることをお薦めします。

そして感じたことを自分の経験としてお客様に実践する。

それも大切なことだと思います。

はじめまして!

アメブロに引っ越して来ました。

以前はライブドアで「東京純豆腐物語」というブログを約7年程書いて来ました。

旧ブログ 
「東京純豆腐物語」

思い出深いブログですが、環境の変化とちょっとした要因が

あり、アメブロに引っ越してきました。

今後はこちらで、自分の飲食に関する熱い思いや、ビジネス

に関する自分の考えを書いて行けたらと思います。

アメブロに引越したタイミングで、ちょっと軽い内容から、

ちょっと重い内容まで出来るだけ頻繁に更新出来るよう、

頑張りたいと思っています。

 

ちょっとだけ、このブログを書いていく意味合いと言うか、

その辺を書いておこうと思います。

まず、自分の携わっている仕事に関して深く掘り下げて

書いてます。自分のしている仕事の対して、思いや考えを

正直に書いてます。

飲食店のブログって、宣伝的要素が多かったりするのですが

自分のブログは飲食業を通じて、ビジネス的な観点や

自分が感じる思考から思った事を、かなり暑苦しく

書いてます。
(今携わっている事業はShopDataを見てください)

そして、たまに宣伝もしますが、ほぼ暑苦しいブログを書い

てました。そして書いていくと思います。

なぜって?

 

ブログって自分は自身の考えや思いを伝える場であって

例え、企業の名前を背負ってても「個を通じて伝えるもの」

だと思うのです。

宣伝やアピールなら、ホームページでやればいいし、個人で

ブログを書いている以上、そこが続けられる要因だし、

お客様の視点からすれば宣伝的な部分より、ブログに関して

言えば「そこで働いている人の考えや、思い」を知りたいだ

ろうし、それがこうじて(ブログを通じて)入社動機になっ

た社員が一人や二人では無く10名以上いる。

最近は、忙しくてという口実の元に、更新もおざなりに

なっていた部分もありますが、アメブロに引っ越したのを

きっかけに、頑張って暑苦しいのもありますが、

ちょっとライトな部分まで書いて行きたいと思っています

ので、よろしくお願いいたします。

 

Ps.ブログの設定がまだ不完全でしたが、投稿しました。
徐々に修正かけていきたいと思います。

進化論で有名な「チャールズ・ダーウィン」の言葉で

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

という言葉がある。

人や動物の進化の過程における部分を示した言葉だ。

かつて恐竜が地球で栄えていたが、環境の変化で絶滅した。
恐竜が絶命した原因は氷河期が要因とされているが、

いずれにしても、周りの環境の変化に適応できなかったって事。

f643

現代に置き換えてみると、ビジネスなども同じで、社会情勢や経済

そして人々の生活様式の変化を敏感に察知して、自らが変化してかないと
生き残れないということだ。

今までのやり方がどうだとか、このやり方が正しいという固定概念にとらわれて
いると取り残させる。

いや、独自の固定概念や思想を持つこと自体は悪いことではないと思う。

ただ、それに固着しすぎたり、周りが見えなくなるというのはよくない。

環境の変化に柔軟な頭を持ち、受け入れる姿勢というものを持つべきだと思う。

自分は横浜の下町(とは言っても中心部)に住んでいるので、自分が子供のころに
比べると個人の酒屋さんや、小売店などがすごく減っている。

コンビニや大手スーパーに食われてしまった感が拭えない。

かつての酒屋さんがコンビニに変った中、いまだに繁盛している酒屋さんがある。

ここは2代目社長になった時に、この環境の変化に気づき「従来の運営ではコンビニにやられる」
と考えたのだろうか。

美味しい日本酒、焼酎に特化して仕入れをしている。

1年の1/3位は全国の有名な酒蔵を周りコネクションをつくり、
優先的に美味しいお酒を仕入れている。

もちろん、その酒屋さんを通じて自分のよく行く焼き鳥屋さんなど業者に行く
お酒が大半だが頼んでおけば時間はかかるがプレミアムなお酒でも定価で手に
入れることが出来る。

そんなお客さんが沢山なので、知り合いを通じてじゃないと今は注文出来ないけど、

そんな手法で繁盛しているのである。

だって、森伊蔵なんてネットのオークションで平気で28000円とかで売られてますが、定価は

3000円そこそこ。なので、よく行く焼き鳥屋さんも定価で仕入れているので、森伊蔵でも
1杯700円で飲める。

都内のちょっとしたところでは1杯1800円とかざらにあるし、
日本酒であれば14代なんて1000円を割ることはないと思うんだけど、
その店では1000円以下で飲める。

また、テレビで見た小型スーパーではお年寄りの利用が多いということで、購入した商品を自宅に届けて
くれるというサービスをして成果をあげている。

これなら、かさばる商品や米や飲料など重量のある商品でも、気軽に購入出来る。
ましてお年寄りが利用するとなれば、なおさらだ。

この小売スーパーは大手スーパーより価格的には高いのだが、このサービスが受けて連日
繁盛しているという。
なにより、サービスを通じて人間関係がつくれるので、お客様は、絶対に浮気をしないという。

あくまで、例であって世の中にはそんな感じで、廃れていったビジネスモデルを環境に応じて
変化させながら繁栄している業態は沢山あるのだ。

ただ、一方その環境の変化についてこれなくて・・・・

いや、厳密に言えば自身が変化出来なくて、廃業したり開店休業状態のお店はそれ以上に沢山ある
のだと思う。

今はビジネスを例にとって書いてみたが、同じように個人に置き換えても言えることだと思う。

変化する勇気。

っか、変化する必然性。

 『自分で何かを変える努力をしないと、
  世の中は変わってくれない。
  いつまでも、人のせいとか世の中のせいに
  してちゃダメだよね』 唐沢寿明

 『「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから
  人生は好転する』 W・ダイアー

 『変化は苦痛だ。
  だが、それはつねに必要なものなのだ』 カーライル

 『至上の処世術は、
  妥協することなく適応することである』 ジンメル