なんか、自分自身も含めてですが セルフイメージって大切ですよね。

セルフイメージ=自分が思う自身の価値であったり

自分の思う自身への期待だったり。

すごーく大切ですよね。

なにかに取り組む時に、自分には無理だと思ってしまえば モチベーションもそうで

すが、前に進まないし 進んだとしても、出来ないってのを前提で進んでいるので

長続きしない、そして途中で投げ出してしまう、気持ちの 部分で。

そして結果に結びつかない。

 

 

おそらく、プロ野球選手とかは子供の頃から、プロになる ことしか考えていなかっ

ただろうし、そこに突き進んだろう そして、それを疑わなかった。

だから、努力の後にはプロの道が待っているっていうモチベーション が

あるんで努力し続ける事が出来るのだと思います。

自分も経験ありますが、長くなるので省きますが、ようは 自身で本当に出来ると

思い込む事であったり、そんなことです。

思い込める程の夢があるべきです。

 

そして、その夢ってのは単に、いくら稼ぎたいとか、いくら売上を あげたいとかで

はなく、それが自身や家族、スタッフにどんな事を もたらすか、

そっちの方が大切です。

 

以前、自分の部下で女性だったのですが、欲しい車のカタログを いつもデスクの

上において、いつも見つめて意識して 自分はこの車を絶対に買うって決意表明ま

でして、結果購入しました。

購入できる程の給与をもらって、そして貯めて。

しかし、彼女はその車を購入したあとは、さっぱりな成績でした。

ちょっと、目標設定の話にそれた感がありますが、

話を戻します。

要は、「やるんだ」って意識も必要なんですが「やれるんだ」 「出来るんだ」って

いう意識を持つ事が必要なんだと思います。

じゃセルフイメージを上げるためにはどうしたらいいかと言うと

アファーメーションとか、

目標を細分化して(行動さえすれば出来る程度まで) 小さな成功体験を

積み重ねるとか色々ありますが、Webで調べたりその手の 本は本屋さんに行け

ば山ほどあるので、ここでは語りません。

 

 

ちょっと少し意味合いはそれますが、絶対に宝くじで1等が当たる運命だという

おっさんがいました。TVで見たのかな。

神の御告があったみたいな事を言っていて、30年間買い続けて30数年目で

一等を 当てた。なんか馬鹿げた話のように聞こえるのですが、30年間も買い

続ける事が出来たのは 絶対に当たるという確信があったからこそのことです。

人なんてどんなに優れた人でも、脳科学的に言えば能力の数%しか使って

いないと 言われてます。

ただ、成功したと言われている人のセルフイメージは非常に高いです。

ishin1

 

組織って、結局は個の集合体。

個のセルフイメージが組織の強さを決めるのだと思う。

セルフイメージ、調べてみてください。

 

 

 

だいぶ前にも書いたことがあるのですが、駐車監視員。 都内はこの制度の導入で、かなり違法駐車が減りました。 そう言った意味では有益なのかもしれません。

ただ、見方を変えると運送業の人とか会社はかなり厳しい状況になりました。

先日、本部事務所近くで見た光景は、ハザードランプをつけて、トラックの荷台のドアが空いている、つまり荷物の搬入をしている車を取り締まる監視員2人。

本当、たまったもんじゃないですよね。いくら規則とはいっても。

それだけなら、まだしも、その後ろに止まっている車は、人は乗ってはいるけどシートを倒して寝ているのです。

20分後位に同じ場所を通りましたが、寝ている車両はまだ駐車している。

本来なら取り締まるのが逆なはずだと思いました。

ただ、人が乗っていないから、 寝ていても人でも、乗っているから。

規則だから、わかるんですがなんか本質が完全に間違っているんですよね。

交通渋滞がしないようにとかで、違法駐車を無くすために設置されたもの。

確かに効果はありました。

でも、あきらかに、宅配便の荷物の搬送をしているのに、取り締まる輩がいるんです。

そこを目的に作られた制度かってことなんです。

目的はなにかって事なんです。

運送関係の人は、それまでは1人で配送していたのを、2人にしたり。

人に見えるような助手席にフェイクで置く人形まであります。

本当に不毛だし、やめて欲しい。

交通監視員の人は検挙率や、ノルマがあるのでしょうか?

もちろん、全員とは言いませんが、そんな不毛な事をしている風景をみると残念に思います。

自分は、都内の違法駐車が減ったしそんな所は良かったと思いますが、度々そんな光景を見るたびに残念な気持ちになります。

これは飲食業においても同じような事が言えます。

お客様がいて初めて利益がでる。 お給料はお客様からいただいている。

お客様の楽しいシーンを提供する。

これを忘れて利益だとか、係数だとか、確かに大切なことですが、上記の根本を忘れてはいけない。

それが長いスパンで飲食業をつづけていくためには必要だと思う。

 

 

 

 

数日前に下書きして、いつUPするか考えていたのですが、H山さんの誕生日パーティをしたのですが、H山さんとシンクロニシティしてたので、もっと膨らませようと思っていたのですがUPすることにしました。

新しいものを作り上げる時は、既存の意識をぶっ壊すってのも必要なんじゃないかなと思っています。

_S0A3180 a1

翌々考えてみると、実は飲食事業にたずさわる前も、先代社長をはじめ、その業界の常識を壊してきました。

東京純豆腐も、それまでの韓国料理店の常識を

立地や店作り、メニューてっ部分で今考えていると、ぶっ壊しました。

i_2013071015020417

それから日本ではほとんどなかった、スンドゥブ専門店っていうジャンルが出来てきました。

スンドゥブって言葉自体ほとんど皆知らない時代です。7年前の話です。

そして、丸大食品さんをはじめ、スーパーで売られている、つまり、スンドゥブを家庭でも食べる文化が徐々に広がってきました。

東京純豆腐を青山で立ち上げた時に、あの店作り、注文の方法、「チーズスンドゥブ」や「味噌バタースンドゥブ」という異色の商品がなかったら、スンドゥブの知名度はもっと低かったかもしれません。

人って自分も含めてですが、ある程度経験を積んでくると、その経験を元に思考する。

それ自体は悪いことではないけど、自分の形だとか枠にとらわれて破壊するより、それを守ってしまう傾向があると思います。

でも、新しい自分、新しいものを創造するには、

既存の考えを破壊することも必要だと感じます。

破壊から始まる創造です。

改めて自分も壊してみたい(既にかみさんからは壊れてると言われてますが)と思います。

7/8~8/12
コンビニエンスストア サークルKサンクスにて
東京純豆腐監修のスンドゥブが販売されます!
東京純豆腐監修 激辛スンドゥブ (1)

販売エリアは関東全域と、長野、新潟、静岡(東部)、宮城、

山形、福島、北海道のサークルKサンクスです。

商品名:激辛スンドゥブ 398円 (豚スンドゥブ 辛さ『3』程度)
お近くのサークルKサンクスでチェックしてみてくださいね。

H山さんからかりた「海賊とよばれた男」

めちゃ、いいです。

海賊とよばれた男

 

面白いとかそんなんじゃなくて、勇気をもらえるし、ビジネスにおいての本質と開拓者精神を教えてくれます。

まだ、上巻を8割位読んだところで偉そうなことは語れませんが、今後が楽しみです。

満員電車で本が読めない状況だったんでiPhoneであらすじを読んでいたのですが、自分の知らない部分に差し掛かった瞬間、ページを閉じてしまいました。

それだけ面白いというか、今後の展開が楽しみです。

本は、元々ノウハウ系や自己啓発系を読むことが多いので、新鮮です。

ハートに響くというか・・・・。

先代社長がよく言ってました。

仕事は頭でするんじゃなくてハートでするんだって。

本を読んでいて、改めて思い出しました。

自分から思って思いを持った事って、踏ん張りや頑張りがきく。例えそれが負荷がかかろうとも。

でも、そうでないものは、それ程踏ん張りがきかない。頑張れない、こだわりを持てない。

やっぱりハートなんです。

最近、自分なりの見解ですが、そう思った事例がありました。

なんて思いました。

ああしろ、こうしろ、方法論や既存の理論を教えたり、押し付けたりするだけじゃダメなんだって感じています。 方法論を教えるのは良いのですが、方法論2:ハート8、位なのかな。

前を向いている、目標に向かっている人は強いです。

だから、自分はそんな人がいっぱいいる集団でしたいし、ハートの集団でいたいと思いつづけます。

そして、もちろん自分自身も前を見続けたいと思います。