「激辛フェア」開催です!

今まで多くのお客様から戴いていた「もっと辛いスンドゥブを!」
という声にお応えして、危険な辛さ、劇的に辛い刺激、を楽しんで頂けるように東京純豆腐全店で激辛フェアを開催します。

GEKIKARA

暑い夏、いつもより辛い食事が食べたい!
そう感じることはありませんか?

ギネス認定辛さ世界一の唐辛子を使用したスンドゥブやハーブ三元豚の炒め物などをご用意しております。

販売期間:2013年7月1日~8月末

ぜひ、チャレンジしてみてください。

マイナビニュースにも取り上げていただけました。

 

アメブロからWordプレスに引っ越してきました。

アメブロの読者さんすみません。

月に1回、業態関係なく調理部門のスタッフがあつまって 新商品の発表会をしています。

していますって言ったって、まだ2回目なのですがね。

今回のテーマはかぼちゃです。 現場の人たちが中心なのですが、自分と 弁当マスターのIさんも 特別枠で参加しています。

i_2013063014401667

かぼちゃとリンゴのナムル

自分に課された課題は、当たり前の料理では ダメって事なので

結構ハードル高いんですが、

皆で集まって調理をしたり、試食したり 楽しいし、

i_2013063014401666

かぼちゃサラダ

受け取り方で凄く参考になったり、勉強になると思います。

採用になった商品もそうですが、不採用になった商品でも、

これを 変更すればとか、これとこれをくっつけてみたりとか

そんな観点で ものを見る事が出来れば、新しい料理を想像出来ると思います。

だから、不評であっても気にせず発信続けて、 そんな思考を持つ事が必要なのかと 思っています。

決して自分の商品が不評だったわけじゃないし、むしろ好評部分で採用に向けて ブラッシュUP していこうと思っています。

ただ、参加する人は、調理をする人や新しいものを創り出すって思考を

持っている人は そんな思考を持って欲しいと考えています。

新しいものを創った人は、よくゼロから創ったとか、言っている人もいるし

、周りからも そう見られている人が多いのですが、江戸時代ならともかく、

そんなゼロから作り上げた 人なんてほぼいません。

自身が経験してきたこと、知識として補完しているものを組み合わせて、創造しているのだと 思います。 i_2013063014401665

かぼちゃいりのケランチム

  iPhoneだって、携帯電話とパソコンの組み合わせだし。

もちろん、初めてうなぎを食べた人とか、初めて電球を発明したエジソンとかは別ですが

現代では、ほぼ情報を含めてうなぎは食べれるものだとか、電気も発達しているわけですし。

まぁ、そんな現代で本当の意味でゼロから創ったらすごいですが。

それこそ発明家レベルです。

i_2013063014401664 かぼちゃペーストのピザ

  i_2013063014401657

かぼちゃの素揚げが入っているタイスープカレー

  だから、色々な経験をして、その経験を単なる時間の経過で終わらせず

感じる事が必要なのだと思います。

人が感じることがないことにも感じるんです。

これは、料理の世界だけの話ではないのですが

ものの見方や感じ方で、その後の創造力が決まってくるのだと思います。

以前ブログでも書きましたが、自分は本当にイタリアンが好きで、

パスタは イタリアン専門店で食べる主義でしたので、

五右衛門さんとかは行きませんでした。

ただ、本社近くでランチで食べるようになって、結構好きになってしまいました。

ランチ限定ですがね。 五右衛門さんのパスタって

、箸で食べさせるんですよね。

和パスタもあるからかどうか、その辺わかりませんが、

素晴らしいアイデアだと思います。

普通においしいねと感じる部分と、箸やスタイルに着目する部分。

そんな感じ方が必要なんだと。

逆にフォークで食べさせるラーメンとかあっても面白いとか自分は思ってしまうんです。

油そばとか特にね。

イタリアンの油そばとかもいいんじゃないかと思います。

  ビジネスはもちろん、本質が大切です。

価値を与えることです。

  ただ、本質を知ってもらうために、見せ方を変えたり、

他とは違ったプロモーションを展開することも 必要なんじゃないかなと思ってます。

それも価値を創造することなのです。

寿司は高いものだという概念を変えた、回転寿司はそれこそ文化を変えたし

外国人に寿司の存在を知らしめたのは回転寿司です。

 自分は既存の考え方ややり方ってのは、尊重しますし勉強もします。

あえて否定はしません。 でも、あえて自分なりに考えて、新しいものを

創っていきたいので、既存のやり方を 知った上で、その逆の発想から

入っていくというか そんな意識を持っています。

今までの知識や経験をつなぎ併せて、新しいものを作りたいってこと。

それが自分の価値を高めることなのだと思っています。

つながることの大切さ。

料理でも会社でも、つながることで発見することも あると思っているし

そんな意識も必要だと思ってます。

上司は部下を管理するとか言いますが、その言い方は自分は嫌いで

ニュアンスの違いだけかもしれませんが、つながる事なんだと思います。

つながれば、先輩としての意見もあるし、叱ることもあるだろうし

逆に教えられる事もあるし。

生み出すためには、当たり前だが、その場で、一緒に体験することが

必要なんだと思う。

だから、新商品発表会はそんな意味でも必要だし、もっとつながれるネットワークを作っていきたいと思っています。