先日札幌出張にいって、懇親会の時に色々と話したのだが、その中でAKBの大ファンというか自称オタクのバイトの子がいた。

色々話したのですが、自分の考え方はアホとオタクが文化をつくるってこと。

だから、その部分は大切にして、料理や飲食業に興味を持てれば、もっともっと没頭できる質があるのだから、決して悲観する内容じゃなく、料理に興味持とうよみたいな話をしたことがある。

なにも興味を持てなくて主張がない人が多いと言われているけど、それよりよっぽど可能性があると、俺は考えてます。

いまは、成功者として言われているソフトバンクの孫社長だって、本田宗一郎さんだって、藤田田さんだって、色々なパターンの成功者っていますが、ほとんど、創業当時は周りからみればアホと思われたり、誇大妄想狂とか当時はオタクって言葉はないけど、それほど没頭したり、夢を見て語れる人だったんだと思います。

みかん箱の上にのって、豆腐を売るように数年後には「一兆・二兆」の売上目標を語った孫社長。

米と味噌の国で、大味なハンバーガーが流行るわけないという、周りの反対を押し切って日本マクドナルドを創設した藤田社長。

その思考ってある意味方向性が変われば、オタクであったりアホっていわれるんです。

現に、孫社長はみかん箱にのって、バイトに「私は将来、豆腐屋になりたいと考えている…毎日、一丁(兆)二丁(兆)という商売をやっていきたい」と訓示をしたあとに、バイトはあの人はアホだと会社を辞めている。

アホってバカとは違くて、突き抜けているっていう意味でもあるので、ある意味日々の損得勘定や規定の方法論じゃなくて、思いや夢だけで生きている。

人って、ビジネスパースンのパフォーマーにもよるけど、基本自分がやりたいと思ったことには前向きに行動するし、考察もして研究する。そして良い悪い別にしろ結果につながる。

でも、やりたいと思ったことは、仮に悪い結果であれば改善は考えるし、よければより良いやり方を考えたりする。

論点が題名とずれているように見えますが、

言っていることは同じです。

アホやオタクになれるほど、打ち込めるんです。

スンドゥブでも、ガパオでも、ピザでも自分は絶対に負けない、そして誰よりも知識があるとか。 違った観点からもっとブラッシュUPできるとか。

他の料理が得意だから、それと組み合わせたりとか。

自身が本当に打ち込めるもの。

日々の売上や管理は必要だけど、やりたい夢や、やりたい事があって今の業務にいるんだから、そんな意識ももって欲しいし、そんな意識を持って欲しいと思います。

その意識があれば、日々の数値管理も根本があるので、そこ基準でコントロール出来ると

思います。それが個性であったり価値なのかな?

そこが、一番大切と感じたのでちょっと書いて見ました。

 

ありえない成長のなかには、ありえない意識と発想がある。