なんか、自分自身も含めてですが セルフイメージって大切ですよね。

セルフイメージ=自分が思う自身の価値であったり

自分の思う自身への期待だったり。

すごーく大切ですよね。

なにかに取り組む時に、自分には無理だと思ってしまえば モチベーションもそうで

すが、前に進まないし 進んだとしても、出来ないってのを前提で進んでいるので

長続きしない、そして途中で投げ出してしまう、気持ちの 部分で。

そして結果に結びつかない。

 

 

おそらく、プロ野球選手とかは子供の頃から、プロになる ことしか考えていなかっ

ただろうし、そこに突き進んだろう そして、それを疑わなかった。

だから、努力の後にはプロの道が待っているっていうモチベーション が

あるんで努力し続ける事が出来るのだと思います。

自分も経験ありますが、長くなるので省きますが、ようは 自身で本当に出来ると

思い込む事であったり、そんなことです。

思い込める程の夢があるべきです。

 

そして、その夢ってのは単に、いくら稼ぎたいとか、いくら売上を あげたいとかで

はなく、それが自身や家族、スタッフにどんな事を もたらすか、

そっちの方が大切です。

 

以前、自分の部下で女性だったのですが、欲しい車のカタログを いつもデスクの

上において、いつも見つめて意識して 自分はこの車を絶対に買うって決意表明ま

でして、結果購入しました。

購入できる程の給与をもらって、そして貯めて。

しかし、彼女はその車を購入したあとは、さっぱりな成績でした。

ちょっと、目標設定の話にそれた感がありますが、

話を戻します。

要は、「やるんだ」って意識も必要なんですが「やれるんだ」 「出来るんだ」って

いう意識を持つ事が必要なんだと思います。

じゃセルフイメージを上げるためにはどうしたらいいかと言うと

アファーメーションとか、

目標を細分化して(行動さえすれば出来る程度まで) 小さな成功体験を

積み重ねるとか色々ありますが、Webで調べたりその手の 本は本屋さんに行け

ば山ほどあるので、ここでは語りません。

 

 

ちょっと少し意味合いはそれますが、絶対に宝くじで1等が当たる運命だという

おっさんがいました。TVで見たのかな。

神の御告があったみたいな事を言っていて、30年間買い続けて30数年目で

一等を 当てた。なんか馬鹿げた話のように聞こえるのですが、30年間も買い

続ける事が出来たのは 絶対に当たるという確信があったからこそのことです。

人なんてどんなに優れた人でも、脳科学的に言えば能力の数%しか使って

いないと 言われてます。

ただ、成功したと言われている人のセルフイメージは非常に高いです。

ishin1

 

組織って、結局は個の集合体。

個のセルフイメージが組織の強さを決めるのだと思う。

セルフイメージ、調べてみてください。