バンコク

なんか、楽しいですね。 新しいことを作り上げるって事は。

韓国で生まれたスンドゥブが

ロサンゼルスでブレイクして、それを東京発のスンドゥブって

事で、東京純豆腐が生まれたわけですが、それをまた

日本人の我々がタイの方々に、作り方などを指導するわけです。

不思議な気持ちと共に、ある意味伝える意味の楽しさを感じます。

バンコクに来て、なんか自分の知識と経験を駆使して そして、スタッフと協力

して作り上げていくっていう感覚。

なんか、青山店の1号店を作る感覚に似ています。

i_2013100702243288

そして、日本メンバーは山さん、太ちゃんとの連携や役割が 上手くいっている

感があり、タイのスタッフも元々料理に携わって いるメンバーということもあり、

そして未知の料理ってことで素直な 方ばかりで、そしてなにより我々が

レシピや料理を、心から美味しいと 言ってくれる。

日本とタイとでは、食材も調味料もことなるので、現地調整が

必要なので 自分がバンコクに味を決めにきましたが、皆と連携して

かなり良いものが 出来ました。

i_2013100702243300

久々に、調味料からの仕込みをして、逆に日本に持ち帰りたい内容もありました。

仕事終了後、研修を受けているスタッフは4名なのですが、数

年後は調理長にや 店長になっているのではとか、そんな話を内輪でしました。

それだけ期待が持てるスタッフです。

自分の味を構築するっていう使命は、タイに着いてから3日でほぼ

コンプリートしました。

ただ、また想定外の新たな課題が出てきましたので、残りの3日で

コンプリートしようと思います。

NYからバンコクってもちろん環境の変化ってのもありますが、

別に海外に行くってことじゃなくて、視点を変えるために

なにか、新しい取り組みをしたり、新しい場所にいったり 新しい人材にあったり、

そんな刺激って必要だと思った

バンコク3日目でした。

作る(創る)って楽しいです。