スキマスイッチ??

自分は実感してみて分かることも必要だと思っています。
ただ、それとは逆に実感しちゃいけない領域もあることはわかっていますが。

本部のスタッフのほとんどが、現場経験者ですし、現場でしか実感地として
わからないものもあると思います。

一日、何百人という人にサービスして、料理して、そして学生さんを含む
社会経験が浅いスタッフと接するのです。

外国人の方もいるし、飲食経験者もいるし、未経験者もいる。

そんな中でそれを受け止めて、まとめている店長は素晴らしいと思っています。

そして、そんな中で、お客様に向かい合って、頑張っているスタッフも素晴らしいと思います。

素晴らしいと思っているからこそ、特に店長は気に使って欲しい。

スタッフは店長の鏡であって、店長の行動や言動は自分が思っている以上、「見られている」って
こと。

ウチは高級ホテルのレストランでもないし、星がつくほどのフレンチでもない。

別に超一流のサービスを求めているわけではない。

「当たり前の事を高いレベルでやる」

それだけ。

例えば、お客様を迎えるにあたって、挨拶しかり、お見送りであったり。
料理の説明であったり、そんなプロとして当たり前のことだけ。

それが、基本となって、個人のパフォーマンスも発揮されるものだと思うんだよね。

「当たり前の事を高いレベルでやる」って絶対に必要だよね。

例えば、野球したことがある人、ない人でも男ならキャッチボールってした経験は
あるんだと思うんだけど。

そのキャッチボールでも、高いレベルで思考して、やっている人って、それがプロ
に進んでいるんじゃないかな。

素振りでもそう。

そして、自分がやっている事を第3者にきちんと説明できる。
思いを伝えることができる。

それが、「当たり前の事を高いレベルでやる」って意味なんじゃないのかと思います。
当たり前の朝礼(夕方も含む)ですが、

報告じゃなくて、店長はシフトの関係もあるので、毎日は無理かもしれませんが

週に2回位は、スタッフを奮い立たす、そしてそれが「当たり前の事を高いレベルでやる」に繋げってってほしいな。

もちろん、OJTが一番必要なのはわかるけど、人ってスイッチを入れるキッカケが大切なんだよね。

switch4

 

あ~眠い・・・だるい・・・

なんて思っている思考を、よっしゃ~~とスイッチを入れるのが朝礼なんだから。

(店長の朝礼は物理的ん毎日無理で、朝礼はスイッチを入れるために、どんな状況で
あろうとするのが前提)

わかりますか?

人って目に見えないオンとオフのスイッチがあるのです。
それを自分でオンオフを入れることができる人もいますが、オンさせるのが朝礼の意味合いでも
あるのです。

義務感じゃない。会社で決められているからじゃない。そこを理解して欲しいな。

なんか、最初の思惑とは、違う話になりましたが、それはそれでいいのかなぁ。

これを俺は、「炎のスイッチ理論」と名づけました(笑)

スイッチは自分ではわからない、スイッチいれてあげようぜ!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す