再 特質と利益の話し

以前書いたんですが、自分で書いた文書ですが、
読み返してもわかりにくいし

多分酔っ払って書いた文書なんで、かいた
自分ではありますが、理解しにくい。

なんで、これって、凄く大切なことなんで
もう一度書いておきたいと思います。

ゼロのお客様に営業するときに、

その商品の説明は必要だけど、その商品を
買うことによって、お客様の生活がどうかわるか?

よく、ベネフィットなんて言葉で言われてますが
そこが物凄く大切なんだと思います。

そこを営業できるか出来ないかなんて思っています。
製品の説明は、他社と比べてどこが優れているか?
もちろん、必要だとは思うのですが、

そんな事じゃなくて、この商品を生活にいれたら
あなたにこんな利益があるんですよ!

って、いう商品の特質や特徴じゃなくで、そこで
得られる利益を売りましょうって話です。

 

いまは、本部で、イラレとかいじってますが、

元中野CK出身ですので、多分玉ねぎの微塵切りなんて
させたら、誰にも負けないと思います。

でも、フードプロセッサーには流石に勝てません。

ここで、フードプロセッサーの機能のスゴさや
優位性を説明するのは良いと思うのですが

ゼロの人には機能うんぬんより、そこで得られる
時間とか、安定性とか、人に切り込んだ方が良いと思います。

この商品は、こんなに優れています、こんな機能があります
って話じゃなくて、それを導入することによって貴方にどんな
生活の変化があるか?
例えば前記のフードプロセッサーであったら、高速回転が
どうだとか、耐久性がどうだとか、そんな特質の話ではなく
そこで得られる利益を話したほうが売れるって話なんです。

もっと、わかりやすく話しましょう?

知識ゼロの人にオープンカーをセールスしようとします。
もちろん、最低限のオープンカーの機能説明は必要だと思いますが
オープンカーでしか得られない利益を売るんです

そしてそこを強調して、「サザンを聞きながらのシーサイドは
最高ですよ!」とか、「ギロッポンを走ってたら注目ですよね」
とか、相手の未来や想像にフォーカスするのです。

オープンカーの機能や特質は関係ないですよね。

人って個々にはすべて感情に動くんです。
だから、機能がどうだとかそんなんじゃなく、感情に訴えなくちゃね。

「個人の購買決断は100%感情に左右される」なんて、言葉が
あるくらいだから。

・・・で、しがない飲食ブログで書いたかっていうと
実は俺は共通する部分があって

お客様がご来店される理由って、前から書いているけど

美味しい料理も目的にしているけど、料理という媒体を通じて

幸せな時間を期待して来ているのだと確信してます。

わかりますか?

美味しい料理をだすのは、お客様の幸せな時間を作ってもらう
一つの手段。
サーバーは言葉のとおりモノを運ぶだけではなく、幸せな時間を
作ってもらうために奉仕する。

飲食でご来店されること自体、既にゼロじゃないんだけど、

料理を出すだけじゃなくて、お客様の感情、そして幸せな時間の創造
そんなことを毎日1mmでも意識してほしいな。

そしたら、凄いよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google

コメントを残す