資産って言うと直接お金に結びつくことを連想したり、不動産もふくめて財産のようなイメージがありますよね。もちろん、それも正解だとは思うのですが、自分はそれだけではないと思っています。

企業の存続率が30年で例えれば、0.1%以下の確率と言われています。
飲食店も1年後、そして5年後で考えれば、凄く低い数字と認識してます。

じゃ、なぜ当社は30年以上続いて、そして8年前に全く素人ではじめた飲食業がつづいているのか。

それは、常にフォーカスは「人だから」だと思っています。

イコール現場のスタッフです。

もちろん、営利目的の企業である以上、利益は血でそれがないと生きていけません。

その現実は35年経ったいまでも変わっていません。

まぁ、35年前はいませんでしたがねw、でも同じだと思います。

血が濁ったり、血が通わなくなったら、人と同じで企業も100%生きていけません。

俺なりの解釈、そして経験ですが、でも血にフォーカスしゃちゃダメなんだよね。

血を送っている心臓(スタッフに)にフォーカスしないと。

それは人であって、人である以上、迷ったり悩んだり、間違ったり、いろいろ面倒なことは自分もふくめてあると思います。

だだ、人は血を送り出している「核」の部分です。

そして、そこで人が経験したことは、例えその時は苦労したり、悩んだりしても

その人にとって、例え職場を変わったとしても、それは「資産」になる。

その経験や学んだことは「資産」なのです。

「資産って」の続きを読む…

東京純豆腐の姉妹店って感じになるのかな?

東京純豆腐ももちろんそうだけど

皆さんのエネルギースタンドでありたい。

心身ともにエネルギーをあたえるお店でありたいと思っています。

PCであれば電気がなければ、動きません。

では人は?

食べ物や栄養なんていう人

いるかもしれません。

もちろん、正解だけど、人って元気って一番大切なエネルギーが

ないと楽しく生きれません。そして頑張れません。オープン前に

そんな、元気というエネルギーを体験出来る、補給出来るお店を

我々は目指しています。

 

 

来ていただいたお客様にエネルギーを与えて、そして満足していただいた
お客様からエネルギーをいただく。

飲食店の基本ですけど。

トレーニング期間も短く、まだまだですが、その部分は注入していってます
ので、ぜひ池袋にお寄りの際は

エネルギースタンドの東京ジンギスカンをよろしくお願い致します。

18日17時グランドオープンいたします。

予約は03-5992-1129までお待ちしています!

以前、投資思考1なんてブログをかいて、最後に問題みたいな
 ことを書いたんですが、答えは投資思考2で書きます。
 コメントお待ちしてます的な終わり方をしたのですが、全く反応が
 無かったのと、色々あってその後を書いていませんでした。

 

その後を書くきっかけですが、色々ポジション的な悩んでいる
なんて、スタッフが声が聞こえたので、全てにマッチングして
いるとは思いませんが、自分の考えを書きたいと、

a0002_008024-1
前回のブログで出した最後の問題は

1から10回の腕立て伏せをした時に、一番成長できるのは何回目ですか?

もっと、わかりやすく言うと、10回が目標で、10回を継続するためには
どんな状況で自身で成長を一多く成長を感じられるか?

自分の用意した自分お答えは

11回目や12回目です。

それともう一つあると自分は思っています。

後でかきますが、まず11回目と12回目に焦点を絞って話をすすめます。

10回という制限があったとしても、時には11回目、12回目をすることに

あと、1回や2回頑張るって思考です。
そこに自身の成長があるのだと思います。

腕立て伏せ、普通に10回出来る人が10回出来ても、頑張ってないじゃん。
これは負荷の問題なのですが、普通に腕立て30回出来る人の30回と
普段から10回位しか出来ない人30回じゃ、違うと思うんですよね。

そして、最悪なのは10回だけやる!やったよ!っての。

キーワードは自分に対する思いだったり、可能性の追求です。

そして、それは現時点で周りに認められることがなくとも、自身で実感

できれば良いと思うんです。

それが自信と言う言葉の通り、自分を信じるにつながるのだと思うよ。

 

だってさ、野球で例えればイチローが大リーグで活躍して、

それと比較して自分を見てたって

遠い存在だけで、そこと比べたって挫折するだけだよ。

おそらくイチローだって、子供のころは往年の選手にあこがれて

それを目指していただろうけど、比較はしていたのかな。

それより自己の目標を見ていて、小さな成功を積み重ねたのだと思うけど。

ちょっと難しい話になりますが、ビジネスは結果ですから、その世界に

おいて評価するのは周りの人なんです。

いくら自己評価が高い人でも、それは自己満足とか言われちゃいます。

でもさ、ここで、いう自己というのは、
俺はこんな人間だからとか

なんで分かってくれないんだよとか

俺の思考に合わないとか
そーゆう意味ではなく、自己を見つめて自身でスキルや思考を高めたい

という所です。今は、直ぐにイチローには追いつけないけど、

1mmでも近づいている実感地です。

  152

俺が言うのもなんですが、その気持ちがあれば、絶対にビジネスでは
ある程度は成功はできると思います。

そんな思いを持っているかです。

その思いがあって、1日少しでも亀のように進んでいる実感があれば

いつかは、ウサギを追い越せるし、周りにも認められます。

ちっちゃい自己の成功体験が、さらに自己の成長を加速させてくれます。

なので、自分はダメだという自己暗示は、絶対にやめた方が良いです。

くだらない事でも、自分を成長させる小さな可能性を信じることが
出来れば、継続するのも必要だと思うんだよね。

いやいや、思うんじゃなくて確信かな。

これは絶対必要だよね。

なので、前ブログの投資思考につながる部分ですが、物は無くなるけど

自分の経験やスキルや思考は生きている限り、無くなることはないので

大切にした方が絶対に良いですよ。
まだ終わってないですよ→右横の続きを読むをクリックして 「概念を壊せ(自己投資ー2)」の続きを読む…

よく、昔し営業の研修で話したけど

売れる営業マンと、そうでない営業マンは

意識しているか、していないかは別だが売れる

営業マンは、間違いなく、利益の話を強調する。

例えば、こんな例だ。

空気清浄機を売る営業マンがいたとする。

当然、商品を売るわけだから商品の説明は必要。

そこからが営業マンの資質が問われる。

利益を売るか、特質を売るか?

結論から言うと、利益を売る人の方が売ることが出来る。

プラズマクラスターがどうだとか、吸塵力がどうだとか
もちろん、製品のメリットを説明したり、差別化を説明する
のは必要だけど、それがお客様にとってどんなメリット(利益)
をもたらすのかをイメージさせないといけない。 「利益と特質(機能)の話し」の続きを読む…

先日は、「美味しいものが好きな人」集まった、FBのコミュニティの方々と、同じくコミュニティの方がシェフをしている

Y’s dining

に伺いました。

みんな、食通の方ばかり、調理人の方もいて大変参考になりました。

自分も20年ほど前は、有名フレンチ、イタリアン、懐石と食べ歩いてましたが、ちょっとフレンチの生クリームとバターが程よいといいのですが、ちょっとキツイ店が多くて、敬遠していましたが、いや~「Y’s dining」は優しいというか、本当に美味しいですね。

ちょっと、「和」を勝手に自分は感じました。

フレンチってこんなに美味しいのか? タイ料理、イタリアン、和食、韓国料理ばかりだったけど、こんなフレンチなら、いつも食べたいですわ。

前菜

iPhone-2014.03.08-17.29.08.209

・アトランタサーモンのマリネとアボガドのオーモニエール
・和牛モモ肉のコンフィ
・パテドカンパーニュ
・ランド産フォアグラのテリーヌ
・春野菜とサヨリのテリーヌ

 

スープ

iPhone-2014.03.08-18.01.56.547
・トマトと野菜の白いんげんポタージュ(背脂とバジルのエッセンス

ポアソン(魚料理)

iPhone-2014.03.08-18.20.03.238

・天然真鯛と天使の海老のヴァプール
・シャンパーニュとアメリケーヌのアベックソース

ビヤンド(肉料理)

iPhone-2014.03.08-18.48.47.404

・シャラン鴨モモ肉のコンフィ

サプライズサービスでなんと、Tボーンを出していただきました

iPhone-2014.03.08-19.02.37.507

 

デセール(デザート)

iPhone-2014.03.08-19.52.08.446
・苺のレアチーズとクリームヴリュレ
・桜のキンギョクカンとマカロン
・フルーツとココナッツのアイス
どれもどれも美味しくて、そして作り手の人柄が見える料理だと感じました。

こんな手の込んだ料理、そしてシェフの顔が見える。

なんか、生意気な事書きましたが、料理の味を決めるときには、そんな要因があります。
料理が主役で自分をあえて自分は主張しないって人もいますが、自分は料理に作った人の顔や心が見えるものが好きなんです。

料理が出るたびに、シェフが説明に来てくれる。今回は特別かもしれないけどね。それだけじゃないんです。

もう、数年前に書いたんですが「外食って一番みじかなレジャー」であり、「食べる、飲むって」事は一番簡単に、人と人との距離を縮める空間だと思うんです。

そんな場を提供しているのが飲食店の理想だと思うんです。スタッフも含めてそんな空間のお店でした。

勉強になりました。

ディズニーランドは何故、ぶっちぎりで人気があるのか。

数々のアトラクションを目的としてくるが、最終的には「非日常」や「夢の国」に魅力を感じてリピートしている。

スペースマウンテンや、人気アトラクション目的にいくのだけど、最後にはランド全体のファンになるみたいな。

もちろん、業態による違いはあるけど、「ミールからシーンへ」

なんか、忘れてはいませんが、深く感じた日でした。料理という媒体を通じて、シーンを作っている。

シェフありがとうございます。皆さんありがとうございます。

そして、この経験を当社の事業にももっともっと伝えていくとともに、実践できるようにしたいと思った夜でした。
PS.ご一緒頂きました方々へ→今日は色々自分で思うことがあって、ちょっと猫かぶってましたので、次回はぜひハジケさせていただきます。間違って小田原いったら、全員にカマボコ買って帰ります。今日は大丈夫でしたよ!ありがとうございました

 

今日食事をさせて頂きました→Y’s diningさん

東京純豆腐・Thais・Apizza・0’19もよろしくお願いしますね(´∀`)

もっともっと成長しよう!現状で考えず。未来と理想と思想で!!