自宅近くの一番のお気に入りの焼き鳥屋さん。

じえもん

じえもん1

女好きの親父一人でやってる店です。

ここはなんと言っても、プレミア的焼酎がリーズナブルな料金で飲めます。

じえもん5

森伊蔵なんて、都内で頼んだら平気で1500円とかしますし、あまり置いてないですが、ここは700円位で飲めます。

もちろん、そのほかにも佐藤伊佐美とか有名どころの焼酎も豊富です。

そして、肝心の焼き鳥もかなりいけています。

じえもん3

一本一本、目の前の炭火で焼いて、焼きたてを出してくれます。

店主のこだわりで焼きたてを食べてもらいたいという気持ちから、何種類も注文しても一種類づつしか出てきません。(いっぺんに出してくれと言えば出してくれますが、1種類づつ提供されるのがここのスタンダード)

じえもん2

なので、浜の狂犬のようにガツガツ食べたい人向けではなく、しっぽりとお酒を飲みながら、BGMのジャズを聞きながら、焼き鳥をつまむってスタイルのお店です。

焼き上がりを待ってる間についついお酒もすすんでしまいます。

絶対に頼むのが、レバーです。

じえもん4

ここのレバーは店主のこだわりで、新鮮で良いものをつかっています。

ここで、レバーを味わう前はレバーはタレ派でしたが、ここで塩レバーの美味しさをしりました。

タレってタレの味でごまかせちゃうみたいな感じなのですが、塩レバーは素材が美味しくないと食べれたもんじゃないって感じの代物になっちゃうんですよね。

焼きすぎるとレバーは固くなるので、ミディアムレア状態で提供されます。

レア状態のレバーを提供するには、当然新鮮でないと出せません。

ウチの会社でもレバーはタレしか食べないなんていう人がいますが、それは本当に美味しいレバーを食べたことないってことだと思います。

それと串打ちも注文してからしますので、混んでいる時はちょっと時間がかかりますが、こういったこだわっているお店って好きですね。

混んでいる時に注文は暗黙の了解で、常連は「マスター手が空いたら○○お願いします」です。

じえもん6

最近地元の飲み屋さんが元気がないのですが、「じえもん」さんには、これからもこのクオリティとコダワリを続けて頑張って欲しいものです。


池袋のランチはいつも悩むところ。

飲食店は沢山あるのだが、それ以上に人が多いため人気のお店は入れないことが多い。

近場でサッと済ませることもあるし、ちょっと歩いても目的のお店にいくみたいな使い分けをしています。

今回の「清水屋」さんは後者。

何度か利用させていただいてますが、立地と入口のわかりにくさからか、混んでいて入れないということはありません。

とんかつチェーンの定番である、ご飯・キャベツ・味噌汁のお変わり自由というシステムはなく、昔ながらの個人のとんかつ店といった感じです。

ただ、とんかつはすごいボリュームで箸で切れる程の柔らかさ。

とんかつ清水屋

しかもしっかりと肉の味わいがあります。

自分の定番はロースカツ定食。

適度に脂身があって好きです。

よくヒレカツは食べないの?

なんて言われますが、たまには食べることもありますがこのお店だけでなく、どちらかというと適度の脂身が好きなんですね。

まだ若い証拠?
 
今日も美味しくいただきました。

ボリュームを求める人にお薦めです。

清水屋とんかつ / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


自分の地元の駅にある名物屋さん。

自分が中学生の頃から通っているお店で、通っている年数としてはラーメンだけでなく飲食店では最高年数だと思う。

1回だけ30メートル程お店が移動したが、当時とかわらずカウンター席のみで7席くらいしかない。

夫婦2人で切り盛りしていて、夜のみの営業で昼は営業していません。

自分も歳をとりましたが、ここのご夫婦もかなりの年齢です。

夫婦での会話も最低限。

お客さんとの会話も最低限で、店内はBGMもないので麺の湯切りしている音やチャーシューをまな板で切る音が聞こえるほど静寂してます。

ここのラーメンはあっさり系の鶏がらスープ。

名物屋

 

 

特徴は焦がしネギと生姜がスープに入っておりアクセントになっています。

場所柄、飲んだあとのお客さんも多く、自分も飲んで帰ってきた時にはよく利用します。

厚めに切ったチャーシューは、しっかりと味が入っており非常に美味しい。

自分が趣味でつくる自称「杉ちゃんチャーシュー」の味はここの味を参考にしています。(ただし杉ちゃんチャーシューは巻きチャーシューですが名物屋さんは巻きではない)

そして、ここのメンマがメチャ美味いです。

メンマ単体で考えてしまうと、名物屋さんや流星軒のメンマを食べちゃうと、他のは食べられません。

なんかメンマってラーメンの添え物的に考えられがちだし、お店もその程度しか意識してないお店が多い気がするが、2店はしっかりと丁寧に仕込まれたもので深い味わいがあります。

オヤジさんも病気でお店を休んだりすることも多いですが、末永く続いて欲しいお店です。

http://ramendb.supleks.jp/s/2645.html

名物屋ラーメン / 黄金町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0


東京純豆腐の渋谷店が、業態リニューアルオープンと言うことで、久々に行ってみると、近くのカレー専門店がラーメン屋さんに変わっていた。

ラーメン凪 煮干王 渋谷店

有名店だけあって、かなりの人気です。

自分も単純に魚粉だけいれているラーメンは、ちょっと飽き気味だが煮干系には目がない。

お昼もすぎているので、待たずに座れた。

麺固めの味玉煮干ラーメンを注文。

凪渋谷

 見ただけで濃厚な感じをうける。

そして、煮干の香りがかなり強い。

麺は縮れ麺と平打のWの自家製麺で、スープのなじみはよい。

なかなか、良い味です。

ただ、かなり濃厚でクセも強いので、好き嫌いがわかれそう。

女性や脂が苦手の人は厳しいかも。

自分は昼ラーメンでも、夜もいけるたちなのだが、いい意味で今日はラーメンは打ち止めって感じでした。

二郎とは全く違うラーメンですが、すごく個性が強いラーメンです。
(自分は二郎はダメですが、ここはOKです。)

ただ、ものすごく食べたくなるって程でもありません。

たまに食べたくなるって感じですかね。

でも、これだけの人気って個性って大切ですね。

ラーメン凪 煮干王 渋谷店
http://ramendb.supleks.jp/s/55263.html

ラーメン凪 煮干王 渋谷店ラーメン / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


久々に野毛に飲みに来ました。

野毛の夜

地元の駅からひと駅で、電車に乗らなくても歩いて行ける距離です。

野毛と行けば飲兵衛の聖地と言われるくらい、ディープなお店がいたる所にあります。

ちょっとディープな焼肉屋さんで飲んだあとに、お店を探すが意外と11時で閉店というお店が多く、それではということで学生時代から通っていた中華料理店の三陽に足を運ぶ。

とんねるずのみなさんのおかげでした「きたなシュラン(きたなトラン)」で3つ星をもらったお店。

料理のコストパフォーマンスの良さもあるが、すご~くユニークなお店です。

http://homepage3.nifty.com/sanyou34/(←音が出るので注意)

結構笑えるWEBです。

とにかく、ちょっと下ネタチックなふざけた商品のキャプションが、自分的には大好きです。

こーゆうの苦手って人もいるかもしれませんが、話のネタにもなるし、店主もお客様を喜ばそうとあえて、そんな事をしているのだと思います。

当店中央研究所って厨房のことです。

肝心な味もちょっと濃い目の味ですが、しっかりとしていて美味しい。

餃子は昼に食べちゃいけないって位ニンニクがたっぷりでビールによく合います。


彼女と気取って行くような所では決してありませんが、気の合う同僚とかとワイワイ食べ飲みしたいときにはオススメのお店です

飲食激戦の中、昭和43年から同じ地で営業してるって、地元の人に愛されている証拠ですね。

三陽中華料理 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
夜総合点★★★★ 4.0