先日、事務所の近くに出来た新しいラーメン屋さん。

池袋東口の楽園タウンというパチンコ屋さんの1階にオープン。

「石神秀幸 厳選 極み麺selection」という店名で、全国の名店が7ヶ月で入れ代わるとのこと。

白神(ハクシン)と読みます。

白神看板 

 

さっそく行ってみました。

エビの香りとたまり醤油の感じが自分の好み。

あまり、東京ではない感じかな。岐阜のラーメン屋さんで富山湾でとれるシロエビをスープに使っているとのこと。

白神ラーメン

猫も杓子も魚粉豚骨ってラーメンに飽き飽きしていたので、こんな感じのラーメンは新鮮でした。

魚介の味もパンチだけではなく、スープを引き立てる感じで、単なる豚骨スープに魚粉をぶちこんだだけのものとは異なり馴染んでいる感じがする。

エビも主張が強すぎずバランスが良いです。

残ったスープで雑炊をサービスしてくれます。(ランチ限定かな)

白神ぞうすい

 

エビって食べれる人食べれない人いると思いますが、複雑な味をスープに出してくれる食材。エビをつかったスープなんて開発しちゃおうかな・・・なんて。

白神 東京池袋店ラーメン / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


もうだいぶ前から通っている流星軒というラーメン屋さん。

和風味を生かしたあっさりとした味で、ラーメンというとちょっとジャンク的な感じがするが、ここのラーメンはそば屋を彷彿させる程、胃にやさしい感じがする。

家系のコッテリもいいけど、和風テイストのあっさりも自分の定番。

いわゆる支那そば系ってやつ。

決していい立地ではないけど、かなりの人気店で2年ほど前の食べログの神奈川のラーメンランキングで2位になるほど。

残念ながら、スープがなくなり次第終了してしまうので、平日はほぼ食べることができず、自分にとっては休みの日の早い時間限定のラーメン。

だから、飲んだ後に食べたことはないけど、おそらく最高だと思う。

スープは澄んだ色の鶏がらに、和風スープのWスープ。

流星軒

 
和風と言っても魚粉を入れただけのものではなく、きちんとダシをとったものをドンブリの上で併せて上品な味になっています。

おそらく、柚子を少しいれたりしても合う感じで和食の技法というか、そんな感じのするスープです。

コッテリ系が好きな人には物足りないかもしれませんが、自分の中でも1・2を争う程好きな部類のラーメンで、もし自分がラーメン屋をするとしたら参考にしたい味です。

チャーシューは巻きチャーシューではなく肩バラをつかっており、注文するとその場で炙ってラーメンに添えてくれるパターン。

これも柔らかく、炭火であぶるのでいい香りがします。

行くとわかりますが、店内は永ちゃんの曲しか流れませんし、ポスターも全て永ちゃんです。

矢沢仕様車に乗っていた自分としては、心地よい空間でもあります。


流星軒ラーメン / 吉野町駅南太田駅黄金町駅
昼総合点★★★★ 4.5


特に夕方までは食べるつもりはなかったが、帰りぎわにスタッフがラーメンを食べて帰るという言葉を聞いてなんとなく、「ちょっと食べたいなぁ」なんて気分に。

帰りの電車の中で男性サラリーマンが、ラーメンの話をしていてスイッチが入ってしまった。

地元に帰ってきてから、おそらくリピート数ではNO1の家系ラーメンの「千家本店」に。

リピート数NO1というのは、家から凄く近いという部分もあるが、中々好きな味です。

千家

ここは、かなり前の話だが夫婦二人で始めた店で、あっという間に人気店になり、のれんわけだと思うが次々と支店をだしている。

当時のオヤジはお店には入らず、たまにベンツに乗って寄るくらいしか見かけたことがない。

家系ラーメンと言うと、発祥の吉村家やラーメン博物館で全国区になった六角家が有名だが千家さんも横浜では結構な有名店です。

スープは非常に濃厚で、六角家と比べるとクリーミー差は劣るが、荒々しさが強くてこれはどちらが良いとかではなく、好みだろう。

ここでは必ず、麺固めのレンソウ増し、のり増しで注文。のり増しは優良ですが、レンソウ増しは無料でしてくれます。

2回に1回は辛ネギが山盛りにのったネギラーメンを頼みます。

いつ行ってもお客さんがいっぱいで、立地から考えて相当儲かってるよね感がただよってます。
飲んだ後に食べるというよりは、ガッツリ食べたい時にお薦めのラーメンです。

自分は二郎はダメですが、家系のコッテリ感は大好きです。

ああ、もちろんあっさりの和がきいたラーメンも好きですよ。

ごちそう様でした。

千家 本店ラーメン / 黄金町駅吉野町駅南太田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

今日のお昼は中華料理。

昨夜のも中華だったんでちょっと抵抗があったのですが、多数決にまけて・・・。

ここのお店はとにかくボリュームがあります。

肉体労働の方が利用するお店みたいなボリュームですが、立地的にもサラリーマンやOLの方の利用が大半で、以外にも女性のお客様同士の利用も結構みうけられます。

こんなに食べれるのって位の大きなどんぶりを目の前にして、小さな口でペロリと平らげる光景をよく見ます。確かに東京純豆腐でもおかわりをするレディーが結構いるので、以前のような女性=少食というイメージだけではないのかもしれません。

レバニラ炒め

まよったあげく自分もスタミナがつきそうな「レバニラ炒め」を注文。

結構なボリュームですが美味しくいただけました。

さぁ、午後も頑張るぞ!!っていう気分にさせてくれます。

なんか気のせいかスタミナついたみたいな。

中華料理 天恵中華料理 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

休日出勤のお昼ご飯は、最近できたばかりの豚丼屋さんでひとり飯。
2回目の来訪。
先日行った時に結構美味しかったので、いつもは皆と「どこ行こうか」とか結構意見が対立するんですが今日は一人なんでラーメンか豚丼どちらにしようかと思っていましたが、豚丼屋さんへ。
池袋、北の大地へ

今日は先日
食べた豚丼よりワンランク上の

$フードプロデューサーSのブログ-豚丼

限定のどろぶた丼を注文ビックリマーク
800円です。
ちょっと高いですけど、味には満足です。
ちなみに650円の「かみこみ豚」ってのもあります。
炭火焼きのホエー豚ってうまいですね。
柔らかいし、適度に脂もありタレにあってます。
あまり、豚丼屋さんにいった経験がないので、他店との比較はあまりできませんが、炭火ってのが香ばしくて良いですね。
おそらく似た味は自宅でも再現できるだろうけど、
炭火・オリジナルのタレ・ホエー豚っていう部分で専門店として確立できていると感じます。
ただ、先日もそうでしたがあまりお客様がいません。
帯広名物の豚丼っていう存在をしらないと、値段が値段だけに牛丼と同じ感覚に思われてしまうと厳しいかもしれませんね。
先日も調理長が、帯広名物の豚丼の存在を知らず、「なんで豚なのにこんなに高いんだ?」みたいな事を言っていましたが、一利ありますね。
まずは、ブランディングから確立しないと、池袋のような飲食激戦・低価格のお店が並ぶ中では厳しいかもしれませんね。
スンドゥブの時もそうでしたが、まずお店の名前を売る前に、スンドゥブという食べ物自体をアピールしてきましたが、豚丼にも同じような事が言えるかもしれません。
美味しいお店なんで、頑張って欲しいですね。

北の大地 (丼もの(その他) / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2